期待が高まるAIチップ開発| iPhone修理のダイワン

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

期待が高まるAIチップ開発

[2017/05/29]

こんにちは

 

ダイワンテレコム渋谷道玄坂店修理スタッフのTです。

 

暑いですね。

 

前回も同じことを書いてた気がしますが、本当に暑いのが苦手な私にとって早すぎる猛暑、早すぎる夏、やめてくれこの暑さ!な天候です。

 

5月がもうすぐで終わりそうなのにこの天気はつらいです。

 

6月になれば梅雨?本当に降るんですかね??騙されないですよ、もっと暑いに決まってる!

 

暑さと日々戦う私ですが、このままだと干からびて干し人間になりそうです。

 

正しくはミイラでしょうけど・・笑

 

 

 

iPhoneのニュースで興味深いものがあったので紹介します。

 

経済・金融情報の配信、通信社・放送事業を手がけるブルームバーグの報道によると、

 

Apple社は新たなチップに様々な機能を統合しようとしており、将来発売されるiPhoneのプロトタイプに組み込んでテストを重ねたそうです。写真アプリでの顔認識や自然言語認識、さらにキーボードの予測変換といったタスクをこのチップに委ねようとしています。

 

現在、GoogleやAmazonなどの各社がAIアルゴリズムの向上やバッテリー寿命の改善を目指していおり、独自のAIチップの開発に乗り出しています。ブルームバーグの報道ではAppleもこの流れに乗り、新しいAIチップを開発しているそうです。

 

報道によれば、現状よりもAIに特化したプロセッサを投入できれば、画像認識の速度を向上でき、バッテリー寿命も伸ばすことができる模様。

 

iPhoneを使用している方にとって気になる問題の一つがバッテリーの寿命です。

 

6、6Sも約3年が寿命となっていますので、長くありません。

中には大きく膨張しパネルをせり上げたり、最終的には爆発してしまう恐ろしい可能性を秘めたものがiPhoneの起動の役割を担っています。そこまで怖い話ではないのですが、何も知らずずっと劣化したものを使い続けていればいつかはガタが来ます。弱ったおじいちゃんを無理やり動かしているようなものです。

・・・例えが悪かったですね。

刃先がボロボロになったナイフ、研ぐことも無く買い替えることも無くずっと使いつづけていれば紙すら切れなくなりますし、終いには簡単に折れてしまいます。それと同じことです。

バッテリー修理を依頼されるお客様の中にごくたまに、バッテリーが膨張し危ない状態のiPhoneを持ってこられる方がいらっしゃいます。

当店もいつも以上に慎重に、慎重に取り外し・・・怖いなぁ!!!

 

爆発, 火の玉, 火, ブランド, 美的, 株, ログイン, やけど, 空, キノコ, 火災のキノコ, 地球

 

そりゃね!画面の明るさMAXで音量MAXで動画見たり電話で会話していればマッハで減って行きますよ!

 

水没、何度も落としシステム側に損傷が行ってしまうと復旧は難しくなります・・・。

しかし、特に何も無くバッテリーの減りが早いなと思った方は交換の合図だと思って頂ければと思います!知らずのうちに手遅れになるよりは、備えあれば憂いなしと早め早めの対策をしていきたいですね!

AIチップが完成し、寿命が伸びればもっと使いやすくなるんじゃないかと思います。

Appleの今後に期待ですね!

 

渋谷店のブログ一覧

  • お見積もりページへ
  • 郵送修理ページへ
  • 出張修理ページへ
加盟店募集店舗
iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
あんしん保証
パルモ