iPhoneの便利機能「音声コントロール」

[2019/11/09]

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

iOS13で強化された「音声コントロール」機能。

コマンドを自由に作成する方法が解説付きで動画公開されましたのでご紹介させて頂きます。

 

 

音声コントロールとは

iPhoneの音声操作といえば「Siri」を使ったものが印象として強いと思います。

モバイルデータ通信などの通信環境が有効でないと基本的に利用する事は出来ないSiriでの操作に対し、音声コントロールはオフライン環境でも利用する事が出来るのです。

 

Siriに比べて出来る操作は限られていますが、電話の発信、音楽の再生、FaceTimeなどの操作は可能です。

 

 

カスタムコマンドを登録しよう

iOS13では「音声コントロール」が強化され、対応出来る操作が増えました。

事前に一連の流れをコマンド登録しておくと非常に便利に使う事が可能です。

 

Appleが公開した解説動画ではユーザーがコマンドを登録し、iPhoneを便利に操作できる方法を紹介しています。

※現時点ではiOS13の音声コントロールは英語のみ対応。

 

 

最初に「設定」アプリを開き「アクセシビリティ」、「音声コントロール」をオンに設定すると青いマイクのアイコンが現れます。

「コマンドをカスタマイズ」を選択。

 

 

 

「新規コマンドを作成」を選択。

 

 

 

動画では「Insert my address(私の住所を入れて)」と「語句」の部分に文字を入力しています。

 

 

 

「アクション」→「テキストを挿入」と進み入力部分に住所を入れます。

音声、キーボードどちらでも入力が可能となっています。

 

 

 

画面の左上にある「新規コマンド」をタップして前の画面に戻り、画面右上の「保存」を選択すれば登録完了です。

 

 

音声コントロールを使う

登録したコマンドをさっそく使ってみましょう。

 

文字を入力している状態のままiPhoneに向かって登録した「Insert my address」と話しかけると、先ほど登録した住所が自動で入力されるのです。

 

 

 

Appleの解説動画

現在、日本語には対応していないiOS13の音声コントロール機能ですが、今後は日本語にも対応していくと思われます。

非常に便利な機能ですので、気になった方は一足早く使い方をチェックして見ては如何でしょうか。

 

引用元:YouTube(Apple Support)

 

 

 

 

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

あわせて読みたい記事

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険