高田馬場店|iPhone修理ならダイワンテレコム

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

iPhone12 miniの販売予測に正反対の意見がある?

ダイワンテレコム高田馬場店です。iPhone12 miniの販売予測に関し、正反対の意見が伝えられています。著名アナリストのミンチー・クオ氏は、「iPhone12 miniの小さなディスプレイサイズは消費者にとって魅力的ではない。5G対応も重要ではない」と述べています。

対してアメリカオンラインマーケットSellCellの購入意識調査において、44%のユーザーが小型ディスプレイ搭載を評価していてiphone12 miniの購入を検討しています。58%が5G対応を重用する回答にもなっているとのことでどちらの予測が当たるのか現在注目されています。

 

価格が最も重要な要素になる?

ミンチー・クオ氏は、6.1インチディスプレイを搭載する見込みのiPhone12が最も売れるだろう、出荷台数もiPhone12が約40%を占め、iPhone12 miniを含む3モデルが約20%ずつだと述べています。ディスプレイサイズと価格のバランスというポイントにおいてはiPhone12を評価しています。

5G対応は消費者にとってそれほど重要ではないというのがクオ氏の見立てです。米オンラインマーケットSellCellの購入意識調査で示された、44%のiPhoneユーザーがiPhone12 miniの購入を検討、58%が5G対応を重視しているとの結果と比べ、正反対とも思えるものです。

海外テック系メディアiDownloadBlogは、「iPhone12 miniは大して売れない、5G対応はそれほど重要ではない」というクオ氏の意見に同意しています。

 

発売日が12miniと12で異なる?

apple製品に関するリーク情報正解率97%を誇るWeiboユーザーのKang 康总氏は、iPhone12シリーズの発売スケジュールは機種によって異なり、予約開始日は、iPhone12とiPhone12 Proが10月16日(金)、iPhone12 miniが11月6日(金)、iPhone12 Pro Maxが11月13日(金)、発売日は予約開始日の1週間後と予想しています。

情報が正しければ先に発売されるであろうiPhone12が人気モデルになることが予測されますがiPhone12 miniを待ってでも購入するユーザーの方が多いのでしょうか?注目されています。

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259