多摩センターでiPhone修理ならダイワンテレコム

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

iPhone13でAR/VRが急激に進化??

こんにちは。ダイワンテレコム多摩センター店スタッフHです。

今回は、iPhone13のWi-Fi規格に関しての情報をまとめてみました。

英バークレイズのアナリストが、iPhone13はWi-Fi 6の拡張規格であるWi-Fi 6Eに対応すると報告しました。もしWi-Fiの新規格への対応が実現した場合、6GHz帯を使用したWi-Fi通信の新規格への対応で、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)等、容量の大きなデータの送受信においても遅延しないなど、これまでにない大きなメリットが期待できるようです。

これによって拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の進化がさらに加速して行きそうですね。

Wi-Fi 6E対応はほぼ確定で間違いない?

MacRumorsによれば、バークレイズのアナリストは今までに、AppleがiPhoneへの電源アダプタ同梱をやめることやiPhone11シリーズでの3D Touch廃止などを正確に予測してきたとのことです。これによって情報の信ぴょう性がより一層増しています。 

バークレイズのアナリストであるブレイン・カーチス氏、トーマス・オマリー氏、ティム・ロング氏が、複数のAppleのサプライヤー筋からの情報として、「iPhone13シリーズがWi-Fi 6Eに対応することで、関連チップメーカーのSkyworksがチップ提供の機会が得られる可能性がある」と報告しています。

 

データのやり取りが超高速に

先ほども少し触れましたが、Wi-Fi 6Eの新規格に対応することができれば、これまでの無線LAN規格で使用してきた2.4GHz帯や5GHz帯に加え新たに6GHz帯に対応、拡張されることで、混雑した周波数帯と異なり通信が安定し、帯域幅が広がることでデータ伝送速度がかなり高速化されることが期待できます。

 

Broadcomの幹部ビジャイ・ナガラジャン氏は2020年1月に、「6GHz帯でのWi-Fi通信は過去20年間で最も大きな恩恵をユーザーにもたらすだろう。AR、VRデバイスだけでなく、今後発売されていく新たなウェアラブルデバイスなどでのユーザー体験がより強化される」と述べていました。

iPhone SE Plus(第2世代)に関しての情報は未だなし

バークレイズのアナリストは、Wi-Fi 6Eだけではなく、5.5インチもしくは6.1インチディスプレイを搭載し、2021年後半の登場が噂されているiPhone SE Plus(大画面搭載iPhone SE)についてもサプライヤー筋に確認したようですが、特に情報は得られなかったと、MacRumorsは記しています。

source:MacRumors

Photo:motifyublog

この記事を書いた店舗情報

多摩センター店

206-0033
東京都多摩市落合1丁目11−2小田急マルシェ多摩センター2F

070-1271-7186

店舗一覧