iPhone 12シリーズのカメラ、ディスプレイのサプライヤーが判明

[2020/05/22]

iPhone修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

今年秋の発売が期待される「iPhone 12」シリーズのカメラモジュールは、3社のサプライヤーが担当すると台湾メディアDigiTimesが伝えました。

iPhone 12シリーズのカメラモジュール製造を行うのは「LG Innotek」「シャープ」「O-film Tech」の3社となるようです。

 

iPhone 12シリーズのカメラは3社が分担して製造を担当か

iPhone 12シリーズは以下の4モデルが展開すると予想されています。

・iPhone 12 (mini)  5.4インチ デュアルカメラ

・iPhone 12 (Max)   6.1インチ デュアルカメラ

・iPhone 12 Pro    6.1インチ トリプルカメラ+LiDAR

・iPhone 12 Pro Max 6.7インチ トリプルカメラ+LiDAR

すべての機種で有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、A14 Bionicを搭載すると見られています。

また、下位2機種にはデュアルカメラ、上位2機種にはトリプルカメラ+LiDARスキャナが搭載されると予測されています。LiDARスキャナとは、最新のiPad Proに搭載された、物体の深度情報を詳細に読み取ることで拡張現実をサポートする3Dセンサーです。

このカメラモジュールについて、Appleは「LG Innotek」「シャープ」「O-film Tech」の3社に発注を行ったとDigiTimesが伝えています。

 

LG Innotek」は、トリプルカメラ+LiDARを搭載した上位2モデルのカメラモジュールを受注したと報告されており、カメラモジュールの出荷台数は2020年内で3,500万~4,000万台になるとDigiTimesは予測しています。

 

「シャープ」「O-film Tech」の2社はデュアルカメラを搭載した下位2モデルのカメラモジュールを受注し、出荷台数は2020年内で5,000万~5,500万台になると予測されています。

年内出荷予測の5,000万~5,500万台の下位モデルカメラモジュールのうち、60~70%を「シャープ」が、残りの30~40%を「O-film Tech」から出荷されると予測されており、これらのカメラモジュールの生産は今年7月から始まるとDigiTimesは伝えています。

 

有機ELディスプレイは「Samsung」「LG」「BOE」が製造を担当か

iPhone 12シリーズのディスプレイについても、3社のサプライヤーに発注が行われるとの予測がディスプレイサプライヤーに詳しいメディアDisplay Supply Chain Consultants(DSCC)から伝えられています。

iPhone 12シリーズのうち、下位の5.4インチモデル、上位6.1インチ、6.7インチモデルをSamsung Displayが担当し、6.1インチの下位モデル「iPhone 12 (Max)」はLG DisplayBOEが担当すると見られています。

 

一方で未発表アップル製品のリークで知られるJon Prosser氏は上位2モデルをSamsung Display、下位2モデルをBOEが担当すると予想しており、内容に食い違いが見られます。

 

iPhone 12シリーズの生産開始は9月の見通しも、最上位モデルはやや遅延

KGI Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone 12シリーズのうち5.4インチモデルと6.1インチモデルは2020年9月、6.7インチモデルは10月に製造が開始されると伝えています。

最上位となる6.7インチモデルは複雑な内部構造となっているために、その他のモデルよりも製造開始が遅れる見通しです。

 

source:Mac Rumors

source:DigiTimes

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797

あわせて読みたい記事

出張修理窓口

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険
最短2日!
郵送修理受付中