iPhone修理は総務省登録修理店ダイワンテレコム梅田店

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

iPhone12 Pro Maxのプロトタイプ公開 120Hz対応か

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

iPhone 12シリーズの上位モデルにあたる「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」では、リフレッシュレート120Hzに対応したディスプレイが搭載される…との予想は今や主流ではなく、現在では「iPhone 12 Proシリーズは120Hzに対応しない」というのが定説となりつつあります。

しかしながら、AppleはiPhone 12 Proの120Hz対応をまだ諦めていないようです。

未発売Apple製品のリークで知られるJon Prosser氏、EverythingAppleProは、120Hzに対応するiPhone 12 Pro Maxのプロトタイプの画像を公開しています。

 

Apple、iPhone 12 Proの120Hz対応に苦戦

iPhone 12 Proシリーズへのリフレッシュレート120Hz対応ディスプレイ搭載については、様々なメディアの間で議論が交わされていましたが、現在では「搭載されないようだ」という認識が主流となっています。

 

ディスプレイ業界の事情に詳しいDDSCのCEOであるRoss Young氏は「Appleは120Hz対応ディスプレイは入手できるが、120Hz駆動を実現するドライバーICを調達できないと聞いている」という内容を自身のTwitterに投稿しています。

Appleは120HzドライバーICを調達できるまでiPhone 12 Proシリーズの発売を遅らせるか、60Hzのまま発売するかを選択する必要があるが、恐らく60Hzのまま発売されるだろう、とRoss Young氏は語っています。

 

プロトタイプiPhone 12 Pro Maxでリフレッシュレート120Hz対応の設定が確認

このようにAppleはiPhone 12 Proシリーズを120Hzに対応させるべく苦心しており、その苦心の跡は開発段階のiPhone 12 Pro Maxに現れています。

Apple製品のリークで知られるJon Prosser氏は、自身のTwitterにPVT(生産検証試験)段階のiPhone 12 Pro Maxのスクリーンショットを投稿しています。

[設定]アプリのディスプレイ設定と思われる画面に、Enable High Refresh Rate(高リフレッシュレートを有効にする)という項目が見られます。

「PVTモデルが120Hz駆動に対応しているか確認してから有効にしてください」と続くことから、PVTモデルのみに実装されている設定項目だと考えられます。

 

ノッチが映りこんだiPhone 12 Pro Maxの画像が公開

人気YoutubeチャンネルのEverythingAppleProは、MaxWinebach氏から入手した画像だとして、Jon Prosser氏と同じ設定項目の画像を公開しています。

興味深いのは、こちらはスクリーンショットではなく実機を撮影した画像ということです。

表示されている内容は同じですが、エッジ感のあるフレームとノッチが映りこんでいます。

EverythingAppleProは、「ノッチサイズはこれまでと同じだが、ディスプレイが6.7インチまで大きくなるため、時刻横の「AM / PM」分だけスペースが広くなっている」と説明しています。

 

「リフレッシュレート」とは?

リフレッシュレートとは、1秒辺りに何回リフレッシュが行われるかという値で、ヘルツ(Hz)の単位で表されます。

60Hzなら1秒間に60回画面が更新、120Hzなら1秒間に120回画面が更新されます。

リフレッシュレートが高いディスプレイはリフレッシュレートが低いディスプレイに比べて、滑らかな映像を映すことができます。

 

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797