iPhoneXの水没に関して

[2019/08/25]

この数日間、大雨が降る事が異常に多いですね…

雨がとても苦手なiPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム大阪梅田店のスタッフHです。

 

iPhoneなどの精密機器を扱う上で雨はとても危険です。

軽い水滴程度ですと、iPhone 7以降の防水機能により防ぐことができるのですが、大雨になってきますと話が変わってきます。

iPhoneの防水事情

最新機種のiPhone Xにも防水機能は付いているのですが、最新機種をもってしても現状は生活防水が限界のようで、これは一般生活を送る上での最低限の防水機能とお考えください。

例えば水場での作業中に水を溜めた桶に落としたですとか、水道水を大量に流している所に落としてしまったなどと言った場合は許容範囲外になります。

そういった場合の大抵は「電源が付かない。」であったり「リンゴのマークがずっと続く」であったりと言った 異常な状態 に陥ります。

 

iPhoneを水没させてしまった場合、どんな状態になっているのかと言いますとまずはコチラの画像をご覧ください。

iPhone X 水没修理 その1

こちらは「数日前にiPhone Xを水没させてしまった」とご相談頂きました際の内部の状態になります。

数日の経過にも関わらず内部に水分が残っているのが確認できるでしょうか?

iPhone X 水没 その2

基本的に水没させてしまうと内部にまで水分が入り込みます。

さらに時間を経過させても、生活防水が逆に乾燥の邪魔をし内部に水分が残ったままになってしまいます。

この水滴が移動し基盤や配線を繋ぐはんだに触れる事で電気の流れを狂わせてしまい、内部が焼け付いてしまう場合もございます。

 

次にこちらの画像をご覧ください。

iPhone X 水没修理 その3

こちらは箇所が多すぎた為、複数個所をまとめているのですが、内部の水分が無くならない事で錆びついてしまっています。

この状態になると、電気がうまく伝わらない状態になってしまったり、本来電気が通るべきでない場所に電気が通ってしまうと言った状態になってしまい、電源が付かないなどの症状を引き起こします。

また錆びが生じた場所によっては動いたとしても、ホームボタンやFaceID、スピーカーなどの機能が使えなくなる可能性もございます。

この場合ですと、水没の修理ではなく、基盤などの内部のパーツを取り換える修理を行う必要がございます。

当店では水没の修理の復旧率は80%を超え、基盤の修理になりますと96%の修復率に至り、他店を圧倒する修復率となります。

 

大阪・梅田・尼崎エリアで水没などでお困りの際は当店へ一度ご相談ください♪

当店では画面割れの修理はもちろん、液晶の不良の他にもバッテリーの交換やガラスフィルムの貼り換えなども承っております。

WEBサイトからご予約頂く事で割引サービスを行わせて頂いておりますのでぜひご活用ください♪

 

>>ご予約はこちらから<<



あわせて読みたい記事

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険