バッテリーを長持ちさせる方法【ダイワンテレコム宇都宮店】

[2020/09/16]

皆さんこんにちは!

iPhone修理のダイワンテレコム宇都宮店です。

 

当店は本日も営業中です。

営業時間は10:002100までとなっております!

お気軽にご利用くださいませ。

 

iPhoneを使用されている方で、充電の減りで困ることは多くあると思います。

そこで今回は、バッテリーを長持ちさせる方法をご紹介します!

原因を見つける

まずはどのアプリがバッテリーを多く消費しているか確認してみましょう。

「設定」→「バッテリー」→下にスクロール と進むことで確認できます。

現在使っていないアプリがあれば削除しておきましょう。

画面の明るさで節約

iPhoneは画面の明かりが一番多くバッテリーを消費しています。

そこで、画面の明るさを節約する方法をいくつかご紹介します。

ディスプレイの明るさを50%程度にする

 「設定」→「画面表示と明るさ」→「明るさ」をスライド

 

ダークテーマに切り替える

 「設定」→「画面表示と明るさ」→「ダーク」選択

視差効果を減らす

 「設定」→「アクシビリティ」→「動作」→「視差効果を減らす」をオン

 

Night Shiftをオフにする

 「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」→「時間指定」オフ

 

壁紙で「ダイナミック」ではなく、「静止画」を使う

 「設定」→「壁紙」→「壁紙を選択」→「静止画」

位置情報サービスの管理で節約

バックグラウンドで位置情報サービスを利用しているアプリもバッテリーを消費します。

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」から設定することができます。

ぜひ確認をしてみてください。

機内モードで節約

圏外や電波が弱い場所にいるときは、iPhoneが強い信号を探すためバッテリーが多く消費されます。

iPhone画面下部から上方向にスワイプしてコントロールセンターを表示し、「機内モード」をオンにすることで設定できます。

アプリの強制終了はNG!

節約方法の一つとして知られているアプリの強制終了ですが、これはAppleが公式にも否定しているNG行動です。使い終わったアプリはしばらく経つと待機状態になり、バッテリーを消費しなくなります。

毎回アプリを強制終了すると再起動時に負担がかかるので、結果として多くバッテリーを消費してしまいます。

頻繁に使うアプリは強制終了をしないで、待機状態にしておきましょう。

バッテリーの劣化

いくつかのバッテリー節約方法をご紹介しましたが、それらを実践していても長く使っていると、バッテリーの消費が早くなります。

バッテリーの状況を確認する方法もご紹介します。

「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」と進んでください。

そこに記載されている最大容量が80%を下回っている場合は、バッテリー交換をする必要があります。

 

iPhoneのバッテリーを交換する際は、ぜひ当店にお任せください!

最短20分~交換をさせていただきます。

 

宇都宮市、栃木市、鹿沼市、真岡市にお住いの方、

お電話、メール、LINEWEBでご予約を受け付けております。

もちろん、直接当店にお越しいただいても、即日修理致します!

 

WEB予約はこちらから↓

https://www.iphone-d.jp/store/utunomiya_store/reserve.php

 

お電話はこちらから↓

070-1307-5363

 

LINEはこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40446igwub

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-0904
栃木県宇都宮市陽東6丁目2-1

07013075363

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中