横浜店|iPhone修理ならダイワンテレコム

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

【iPadmini2】 ガラス修理レポート!!

[2018/04/26]

機種 ipad mini 2
修理内容 画面交換
修理時間 1〜2時間
修理金額 16800円(作業費税金込み)

 

 



こんにちは!!
iPhone修理のダイワンテレコム横浜西口店です!


最近iPadの修理依頼が多いですが、本日は
【iPad mini2のガラス修理レポート】

をご紹介します。

 

STEP1

まず、iPadmini2はガラスと液晶が別々の作りになっています。
分解方法手順としましては、ガラスが割れていても割れていなくても一緒になります。
使用工具は、ヒートガン、ドライヤー、プラスドライバー、サクションカップ、ヘラなどになりますので用意してください。

それではiPad Mini2の分解を始めたいと思います。
まずは液晶ガラスの黒淵部分にヒートガン、ドライヤーなどで熱を加えます。
液晶ガラスは強力な両面テープで固定されているだけですが、熱を加えることで外しやすくなります。

 




STEP 2

熱を与えてからヘラなどで抉るようにすると少し周りが浮いてきます。
画像では液晶画面が割れていないために綺麗に剥がせておりますが、液晶割れをしている場合は綺麗に剥がすことはできません。
液晶がバリバリに割れてしまう形になりますが、手順としては問題ないのでそのまま進めていきます。
iPadの分解全てに共通しますが、液晶ガラスを外す行程に一番時間を使います!!
液晶ガラスを外すと画像の状態になります。


STEP3
全ての接続コネクターは液晶ガラスや液晶パネルを分解しないと外すことができないためにさらに分解していきます。
まずは液晶パネルから分解をしていきますが、液晶の角周りに4つネジがあり液晶パネルを固定しています。
液晶パネルを固定している全てのネジを外していきます。
右上、右下のネジの上にはマグネットが付いておりますが、このマグネットは無くさないように保管しておきます。




STEP4
先ほどのネジを外すことができると液晶パネルを起こすことができます。
液晶パネルを起こす際にテープなどついているところがありますが、テープを剥がさないで無理に起こそうとすると液晶割れをしてしまう恐れがありますので慎重に作業していきます。

液晶パネルの下には鉄のプレートが敷いてあります。
そのプレートの周りにも何本もネジで固定されていますので、ネジを外すことでプレートを外すことができます。


プレートを外すことができると、ようやく液晶と画面とバッテリーのコネクタ部分が見えます。
コネクタ部分もプレートをネジで固定してあるので、ネジを全て外しプレートを外していきます。

 





STEP5
プレートを外すことができると液晶、画面、バッテリーのコネクタ、接続箇所になります。
ipadを分解する上でバッテリーの取り外しは最初に行います。
バッテリーを外さないで分解をしていくとショートする恐れがあり、他の箇所の故障に繋がる可能性がありますので要注意です。

 

 

 

STEP6


バッテリー、液晶パネルのコネクターを外した方法と同じように下から上にコネクタ起こすと外すことができます。
ここまでの分解で全てコネクタが外れバッテリー以外の、液晶とガラス交換ができるようになりますので、新しく用意しておいたガラスに交換すれば修理は完了となります。





                 

この記事を書いた店舗情報

横浜店

220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2丁目9−9アネックス406

0800-800-5919

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中