畳を使った個性的なiPhoneケース

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

iPhoneが発売して以来、多くのiPhoneケースが発売されてきましたが今回は一風変わった畳素材で出来た個性的なiPhoneケースをご紹介いたします。

 

素材は本物の畳

写真をご覧になって頂ければ分かるようにiPhoneケースの素材が畳で出来ております。

こちらは本物の畳と本革を使用して作られており奈良県の「織田畳店」から発売されておりカラーバリエーションも豊富で「鳳凰(黄)」「かぎろひ(黒)」「吉野桜(赤)」「鶴(茶)」の4色です。織田畳店ですが2016年にはグッドデザイン賞を受賞した事もあるようです。

ケースの外部は「セキスイ樹脂製表の畳表」が使われており、これは天然イ草の3倍の強度と撥水性があり撥水加工も施されています。汚れにくく樹脂製なので色あせる事もないようですね。

畳素材ですと手触りも心地よいでしょうし、カバンから畳素材のケースを取り出すと周囲は驚きを隠せないでしょうね。

 

カード類の収納も可能

ケースは手帳型となっており開いてみるとご覧のように2段のカードポケット、差込みポケット、フリーポケットが備わっており、お札やカード類の収納も可能になっております。

背面の接着面が可動式の為、写真を撮る際には簡単にスマホ本体をスライドさせると撮影が可能です。

気になるお値段

対応しているのはiPhone6s以降の端末と、それらと同サイズのAndroid端末です。

◆通常のケースが税込16,740円

◆ストラップ等を付けたい方はDカン付のケース税込16,956円

畳素材の為、和のイメージが強いですが周りの同じようなケースは嫌、個性を出したい方にはおススメの商品です。

 

引用元:織田たたみ

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧