引用:https://www.pakutaso.com

iPhoneシリーズのうち、iPhone 7以降の機種には耐水機能が備わっています。

さらに、年々登場しているiPhoneは少しずつですが耐水性能が向上しています。

しかしながら、「耐水性能がある=中に水が入らない(水没しない)」というわけではありません。

耐水性能の備わったiPhoneにはスピーカー穴や画面ガラスとフレームの間など、液体の侵入を防ぐための防水テープが貼られていますが、様々な要因によりカタログスペック通りの性能を発揮してくれないことがほとんどです。

  • ・水面にiPhoneを落としてしまった(強い水圧がかかる
  • ・経年劣化で防水テープがボロボロになったiPhoneに水がかかってしまった
  • ・水がかかったまま長時間放置していた

そのため、iPhoneの耐水機能を過信せず、常に水没に気を付けてiPhoneを使用するようにしましょう。

また、AppleはiPhoneの水没について、「液体により損傷した場合、その修理は Apple 製品 1 年限定保証の対象になりません。」と説明しており、耐水性能をアピールしながらも水没によるiPhoneの故障は保証対象外としています。

そのため、iPhoneを水没で故障させてしまうのはあくまでも自己責任ということになってしまいます。

ジュースやお酒、水などの飲み物をこぼしてしまう、お風呂の浴槽やトイレに落としてしまうなど、気を付けていても誤ってiPhoneを濡らしてしまうリスクは日常の中に転がっています。

まず最優先で行うべきなのは、「iPhoneの電源を切ること」です。

内部に侵入した水分が基板やその他部品でショートを起こすことで、精密部品が致命的なダメージを受けて、「データの消失」「復旧ができない状態となる」可能性があります。
逆に言うと、ショートさえ発生しなければiPhoneを復旧できる可能性はグンと高まります。

iPhoneを水没させてしまったと思ったらすぐにiPhoneの電源を落とし、ショートを防ぐようにしてください。
また、水没直後に画面が消えていたときなどに、電源が付くかどうか試すのも、ショートの発生につながるので厳禁です。

iPhoneの電源を切ったら、次はiPhoneについた水分をふき取り、乾燥させましょう。 iPhoneにカバーなどを付けている場合取り外してから、iPhone本体をタオルなどで拭いていきます。

特に「ホームボタン」「スピーカー」「充電口(ライトニングコネクタ)」「イヤホンジャック」「フレームと画面ガラスの間」などの部位に水分が残っていると、そこから水分が侵入しやすくなっていますので、念入りに水分をふき取ります。
この時、SIMカードトレイを抜いておくと なお良いでしょう。

水分がふき取れたら、乾燥作業を行いましょう。
最も効率的なのは、ジップロックなど密閉できるビニール袋に、乾燥剤と一緒にiPhoneを入れておく方法です。

iPhoneの内部にまで侵入した水分を十分に乾燥させることができれば、iPhone内部のデータやiPhone本体の復旧率が大きく向上します。

また、乾燥剤がどうしても用意できないという場合は、風通しのいい場所で自然乾燥させるのも1つの手です。

具体的に何時間乾燥させる必要がある…というのは水没の度合いにもよりますが、半日以上iPhoneを放置して乾燥させることで、十分な応急措置になると考えられます。

ドライヤーでiPhoneを乾かす 素早く乾燥させるためにドライヤーの熱風を当てるのは、熱によって内部の精密部品を痛ませてしまう、部品の腐食を進行させるなどの可能性がありますので、自然乾燥が無難です。

iPhoneを振って内部の水を出そうとする 水没したiPhoneを振ってしまうと、水分が基板の奥などに入り込んでしまう可能性があります。
その後の修復率が落ちてしまう可能性がありますので、なるべく優しくiPhoneを扱うようにしてください。

iPhoneを充電しようとする iPhoneが水没した直後は、iPhoneに充電ケーブルを挿したり、ワイヤレス充電を行わないでください。
電源を切っていたとしても、充電を行うことで内部の精密部品に通電するため、ショートの危険があります。
電源が付かなくなった際には充電ケーブルを挿してみることを試しがちですが、これによりiPhoneの復旧率を下げることに繋がってしまいます。

iPhoneを十分に乾かしたとしても、なるべく電源はオンにしないようにしましょう。
ここまでの作業では、あくまで応急処置が完了しただけです。

ジュースやお酒、その他の真水ではない液体で浸水した場合には、iPhone内部の金属部分がサビてしまうことや、ただの水道水でもミネラル分が白い粉としてiPhone内部で固まってしまうことがあります。

サビや不純物などは水分と同じく精密部品がショートを起こす原因となるため、電源をオンにすることで基板がダメージを受けてしまう可能性が捨てきれません。

そのため、水没したiPhoneを安全に起動させるためにも「水没修理」を行う必要があります。

カメラのレンズカバーが曇る インカメラ、アウトカメラ(外カメラ)のレンズカバーに水滴がつき、外側からでも曇ったように見えます。
この状態では、カメラアプリを起動したときに写真がぼやける・ピントがあわないなどの症状が現れます。
また、カメラユニット自体の故障に繋がる可能性もあるため、早めの修理が必要です。

ディスプレイの表示がおかしくなる ディスプレイ本体やその接続部が侵入した液体にさらされると、「液晶不良」の症状が現れます。
光ムラなど軽度のものから、全く画面が映らない、タッチが効かないなど致命的なものまで、水没による液晶不良の症状は多彩です。
また、時間が経つにつれて症状が悪化していくケースも少なくありません。

リンゴループになる リンゴループとは、iPhoneを起動したときに表示されるアップルのロゴマーク(リンゴマーク)が繰り返し表示される症状です。
液体で故障したiPhoneの部品が起動時にエラーを発生させることで、iPhoneが正常に起動できずリンゴループ状態となることがあります。
水没によるリンゴループはiTunesによるアップデートやリカバリーでは改善されないため、修理によって根本的な原因を取り除く必要があります。

iPhone本体が熱くなる 基板部品に液体がかかった状態でiPhoneを使い続けると、iPhoneの背面が発熱することがあります。
iPhone本体が発熱している場合には基板部品でショートが発生している可能性があります。
そのまま使い続けると起動不良やデータの消失に繋がることがありますので、すぐに電源を切り水没修理が必要な状態です。

iPhoneの電源が入らなくなる 水没したiPhoneは、電源が入らなくなる・起動できなくなることがあります。
水没直後から電源が入らない場合と、水没から数時間~数日経って突然電源が付かなくなる場合がありますが、どちらもiPhoneの基板部品に深刻なダメージが加わっている可能性があります。
水没により電源が入らなくなったiPhoneは無理に電源をオンにしようとせず、まずは水没修理をご依頼ください。

iPhoneが水没した際に起こる不具合・症状は多種多様で、ここで紹介した以外にも様々な症状が起こる可能性があります。 水没による症状は、乾燥等の応急処置や水没修理で予防することができますので、iPhoneに液体がかかった際には必ず対処してからiPhoneを使うようにしてください。

水に濡れてしまったiPhoneは、そのまま使い続けると故障してしまい、データの消失などに繋がってしまうのはここまでにお話した通りです。
では、具体的にどこで修理を行えば、iPhoneと内部のデータを復旧することができるのでしょうか?

水没したiPhoneを修理する方法は、大きく分けて2通りあります。

  • ・Apple正規店に水没修理を依頼する
  • iPhone修理ダイワンテレコムをはじめ、街のiPhone修理店(非正規店)に水没修理を依頼する

これらには、それぞれメリットとデメリットが存在するため、自身にあった店舗に水没修理を依頼するといいでしょう。

前提として、Apple正規店で水没したiPhone修理する際には、原則「本体交換」での対応となります。
そのため、iPhoneの内部に保存したデータはすべて消去されてしまいます。

Apple正規店に水没したiPhoneの本体交換を依頼する場合、「Apple正規店へのiPhone持ち込み」「配送修理」のどちらかを選択することができます。
「配送修理」はApple公式Webサイトからの申し込み、正規店やApple Storeへの持ち込みの場合でも、事前予約が必要となっています。

持ち込み、配送ともに料金は変わりませんが、持ち込みは事前予約さえしていれば即日で本体交換を行ってくれるのに対して、配送の場合は1週間前後の期間がかかることがあります。

Appleで水没修理を行うメリット
  • ・本体交換となるため、iPhoneの傷や汚れなども綺麗な状態にしてくれる
  • ・Apple Storeへの持ち込みなら、即日で新しいiPhoneを受け取れる
Appleで水没修理を行うデメリット
  • ・Apple Care+を購入していないと料金が高い
  • ・持ち込み、配送ともに事前に連絡が必要
  • ・必ずデータを消去する必要がある

iPhoneに入っているアプリや写真などのデータが必要ないという場合や、保証サービスであるApple Care+に加入しているという方は、Appleの正規修理も有力な選択肢です。

非正規店でのiPhoneの水没修理は、時間・料金ともに店舗によりまちまちですが、大半の場合は正規店での修理よりも短い期間で、安く水没修理を行うことができます。

さらに、「iPhone修理ダイワンテレコム」のiPhone水没修理では、データを残したまま修理することが可能となっています。
データそのままで水没修理を行えるのが、iPhone修理ダイワンテレコムに水没修理をご依頼いただく最大のメリットです。

iPhone修理ダイワンテレコム(街の修理店)で水没修理を行うメリット
  • ・データを残したまま修理できる
  • ・事前予約なしで修理が可能
  • ・修理時間は即日~最大2日程度
  • ・正規修理よりも安く済む場合が大半
  • ・データだけ取り出したい・iPhone自体も直したいなどのニーズに細かく答えられる
iPhone修理ダイワンテレコム(街の修理店)で水没修理を行うデメリット
  • ・本体交換ではないため、完全に水没の影響を取り除けるわけではない
  • ・故障した箇所をすべて修理したい場合など、料金がまちまち

データを残したまま修理してほしい、iPhone修理を手軽に済ませたい、といった場合にはぜひiPhone修理ダイワンテレコムの水没修理をご活用ください。 事前予約も不要となっておりますので、iPhoneに水がかかってしまった直後にすぐお持ち込みいただくといったことも可能です。

04月21日

【iPhone8】液晶故障+浸水の重度損傷を当日180分で修理完了!

「バイクを運転しているときに落としてしまいすぐ後ろを走っていた車に踏まれたようで画面がバキバキになった...

[ 松戸店 ]続きを読む

10月27日

水没修理事例

今回は水没修理の事例を2件紹介します!水没修理は基本、分解→洗...

[ 赤羽店 ]続きを読む

07月10日

これから夏のシーズン水没させてしまった時の対処法【3点】

液晶画面左端に白い縦線が画面上部から画面下部まで入っているのが分ります。液晶画面にはヒビ割れ等の傷はありません。こういっ...

[ 姫路駅前店 ]続きを読む

iPhone修理ダイワンテレコムでは、iPhoneの水没修理を[店頭修理][郵送修理]どちらでも対応が可能となっております。

店頭修理 最寄りのiPhone修理ダイワンテレコム店舗まで、水没修理をご依頼いただくiPhoneをお持ち込みください。
iPhoneの水没修理は、2時間~2日程度でiPhoneのご返却が可能です。

事前にご予約を頂きますとよりスムーズに対応ができますが、緊急の場合にはご予約なしでも対応いたします。
ご予約はお電話・メール・Web予約などで承っておりますので、ぜひご利用ください!

郵送修理 郵送での水没修理は、かんたん3ステップでお申込みからiPhoneのご返却までがご利用いただけます。
ご返却までの日数は4日~1週間程度となっておりますので、修理に持っていく時間が取れない…といった方にもお勧めです。

また、お預かり中には修理の進捗についてお客様にお伝えすることも可能です。

iPhoneが水没した時の対処、水没修理の流れについて説明してきました。
簡潔にまとめておさらいしていきましょう。

  • ・耐水機能つきiPhoneでも水没の危険は十分ある
  • ・iPhoneが水没したら必ず電源を切り、乾燥させる
  • ・水没修理は[正規店][非正規店]どちらかを選んで依頼しよう
  • ・Apple正規店の水没修理は、原則本体交換。データの消去は必須…
  • ・非正規店は比較的安価で、データもそのままiPhone修理ダイワンテレコムなら即日修理も可能

iPhone本体と内部のデータを守るには、水没した直後からの対応が非常に大事です。
水没後にやってはいけないこと・やっておきたいことをしっかり理解して対応することで、復旧率を大幅に向上させることができます。

iPhone修理ダイワンテレコムでは、iPhoneの水没修理や基板修理など、お客様の大切なiPhoneや内部のデータを救出するための修理をご案内しております。
もしお使いのiPhoneでお困りのことがございましたら、お気軽にiPhone修理ダイワンテレコムまでご相談ください!

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中