同じAppleIDでアプリを同期させない方法!

 

iPhone修理のダイワンテレコム池袋店でございます。

最近ではiPhoneとPadの2台持ちをしている方も多いのではないでしょうか。

今回は同じApple IDを複数端末で使いたい!だけどアプリの同期はさせたくない!とうい際の方法をご紹介致します。

 

Apple IDは1つで問題ない

普段iPhoneを利用しており、iPadを購入し初期設定する場合にわざわざAppleIDを新しく登録している方もいらっしゃるかと思います。

1台につきAppleIDが1つ必要と思っている方やiPhoneとiPadのアプリ同期を避ける為に新たにAppleIDを作成しているのかもしれませんが、その必要はございません。

 

もちろん、あえてAppleIDを複数登録している方もいるかと思いますが、そうでない場合は、有料コンテンツの購入時やサポートを受ける際等に複数のAppleIDが存在すると混乱を招く事もあるので、基本的にAppleIDは一人一つで問題ないと思います。

 

iPhoneとiPadのアプリを同期させない!

iPhoneとiPadでは使用目的も異なると思います。

AppleIDを統一する事で、様々なApple製品から同じ情報にアクセスできるという便利さもありますが、iPadにはiPhoneのアプリを入れたくない、完全に分けて使用したいという方もいらっしゃるかと思います。

ここでは1つのあAppleIDで管理しながらアプリの同期を外す方法をご紹介致します。

 

手順

まず同期させたくない端末(iPhoneやiPad)で以下の設定を行います。

■「設定」アプリから画面上部に表示されているユーザー名を選択

 

 

■「iTunesとApp Store」を選択。

 

 

■自動ダウンロードの項目にある「App」をオフにします。 

 

これを設定すると同じAppleIDで管理しているデバイスでアプリをダウンロードした際に自動で同期される事はありません。

アプリではなく音楽の同期を外す場合は「ミュージック」をオフにしてください。

 

 

これまで、こうした同期をしたくないという理由でAppleIDを複数所持していた方は、是非参考にして頂ければと思います。

AppleIDを一つにまとめる事で、紛らわしさが無くなったり、逆に同じ情報にアクセスしたい時等は非常に便利ですよ。

 

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都東京都 豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中