iPhoneリンゴループの復旧について

iPhoneを使っている方で、「リンゴループ」という言葉を耳にしたことがある方は少なくないのではないでしょうか。

iPhoneを起動するときには、iPhoneの画面にアップル社のロゴマークでもある「リンゴマーク」が表示されます。
あまり目にする機会が多い画面ではありませんが、iPhoneを再起動する際には必ず見ることになる画面です。

そして、通常であればしばらく経った後にリンゴマークの画面が消えて、ロック画面やホーム画面が表示されます。

リンゴループ」とは、このリンゴマークの画面が付いたり消えたりと繰り返し表示され、先に進めなくなってしまう症状をさした言葉です。

一度リンゴループになるとiPhoneを起動することができなくなり、さらにiTunesやiCloudでデータを取り出すこともできなくなってしまいます。
さらにこの症状が自然に治ることはないため、リンゴループになっている原因を特定して取り除くまでは復旧すらままなりません。

そんな恐怖のリンゴループが起きる原因や、リンゴループになったときに自分でできる対処法、データを残したまま修理する方法を紹介していきます。

◆ リンゴループからの復旧なら、お近くのiPhone修理ダイワンテレコム店舗までお気軽にご相談ください。

アップルのロゴマークが繰り返し表示されて、その先のロック画面やホーム画面に進めなくなってしまう「リンゴループ」ですが、発生の原因は非常にさまざま。

「朝起きてiPhoneを見たらリンゴループになっていた…」
「ふと目を離したうちにiPhoneが再起動してリンゴループになった」

など、突然発生したように感じられることも多いのがこのリンゴループの特徴です。

しかし、リンゴループが発生するときには「前触れ」が現れることが多く、リンゴループの危険サインともいえる「前触れ」を確認することで、リンゴループの原因をある程度推測することができます。

さて、リンゴループの主な原因は以下の通りです。

  • ・iPhoneストレージの容量不足
  • ・iPhoneのiOSアップデート(ソフトウェアアップデート)の失敗
  • ・iPhoneの基板が故障している
  • ・iPhoneの水没・地面への落下などでパーツが故障している

大きく分けて、「ソフトウェアの問題」と「ハードウェアの故障」が考えられます。 これらのリンゴループの原因について、詳しく解説していきます。

リンゴループの原因としては、最も多いと思われるのが「ストレージの容量不足」です。

iPhoneを購入する際に「16GB / 64GB / 128GB / 256GB / 512GB」といった表記を目にするかと思います。 この「GB」はiPhoneのストレージ容量を表しており、この数字が大きいほどたくさんのデータを保存しておけることになります。

iPhoneには写真や動画、アプリのデータなどを保存するための内部ストレージが備えられており、このストレージ容量は購入したiPhoneのモデルによって異なります。

iPhoneストレージですが、容量に空きがない状態でiPhoneを使い続けると「iPhoneの動作が重くなる」「アプリが起動できなくなる」「リンゴループになる」などのさまざまな不具合が発生します。

以下のようなメッセージがiPhoneに表示される場合にはストレージが圧迫された状態ですので、早急に写真や動画の削除、アプリのアンインストールなどで対応する必要があります。

  • ・ストレージの空き容量がありません
  • ・iPhoneのストレージがいっぱいです
  • ・写真を撮影できません

ストレージの容量不足は、写真や動画データを大量に保存しているiPhoneや、不要なアプリをインストールしたままにしているiPhoneで陥りやすいので、リンゴループを防止するためにも常日頃からiPhoneストレージの容量は気にかけておくようにしましょう

ホームボタン修理 TIPS画像
◆iPhoneのストレージ容量を確認する方法
手順:[設定]アプリを開く > [一般]をタップ > iPhoneストレージをタップ

iPhoneに搭載されているオペレーティングシステムを「iOS」と呼びますが、このiOSは不定期にソフトウェアアップデートがAppleから配信されます。

iOSのソフトウェアアップデートではiPhoneの新機能追加やセキュリティ機能の改善などが行われますが、さまざまな原因によりアップデートが失敗することがあり、その結果としてリンゴループになることが少なくありません。

iOSアップデート(ソフトウェアアップデート)が失敗する原因としては、以下のようなものがあります。

  • ・iPhoneストレージの容量不足
  • ・速度の安定していないWi-Fiに接続してアップデートを行った
  • ・アップデート中にiPhoneの電源がオフになった

特に、品質の低いWi-Fiに接続した状態でのiOSアップデートには注意が必要です。
通信速度と接続の安定しない街中のフリーWi-Fiなどはアップデート作業に適していませんので、家の中に設置したWi-Fiなど安定した通信環境でiOSアップデートを実施するようにしましょう。

iPhoneには基板(ロジックボード)と呼ばれる重要な部品が内蔵されており、例えるなら心臓のような役割を果たしています。

この基板は「落下などの強い衝撃」や「水没」に弱く、ふとしたことで故障してしまうことがあります。
基板が故障することでiPhoneの起動中にエラーが発生し、リンゴループとなるケースも多く見られます。
この基板は「落下などの強い衝撃」や「水没」に弱く、ふとしたことで故障してしまうことがあります。
基板が故障することでiPhoneの起動中にエラーが発生し、リンゴループとなるケースも多く見られます。

iPhoneの落下や水没に気を付けるのはもちろんですが、純正ではない安物の充電ケーブルを使ったiPhoneの充電などでも基板が故障することがありますので、できることならApple純正の充電ケーブルと電源アダプタを使用するようにしたいところです。

ここまで紹介してきたように、一口にリンゴループと言ってもその原因はさまざまです。
一見原因の特定が難しそうに思えますが、実はリンゴループ中のiPhoneをよく見ることで、おおよその原因を特定することができます。

注目するのは「リンゴマークが点滅する早さ」です。

リンゴマークが数十秒間表示されたあとに画面が消えて、またリンゴマークが現れるリンゴループは、iOSアップデートの失敗やストレージ容量不足など「ソフトウェアの問題」で発生していると考えられます。

一方で、リンゴマークが表示されても十秒ほどですぐに消えて、すぐにリンゴマークが現れるリンゴループは、基板やパーツの故障、つまり「ハードウェアの故障」と考えられます。

これはあくまで「このような例がほとんど」という話で、必ず当てはまるわけではないかもしれませんが、リンゴループになったiPhoneを100台以上見てきた筆者はこのような方法でリンゴループの原因をほぼ特定できています。

リンゴループは突然発生するため、急にiPhoneが使えなくなり困ってしまうケースが多いです。
そんな非常時にすぐに試せるリンゴループの対処法をご紹介いたします。

これらの方法で、iPhoneを修理に出さずにリンゴループから抜け出すことができるかもしれません。

iPhoneに何らかの不具合が出たときには再起動で直ることも多く、リンゴループについても例外ではありません。
ただしリンゴループの場合、通常の方法ではiPhoneの電源を切ることができないため、少々特殊な操作を使って「強制再起動」を行う必要があります。

強制再起動の方法はiPhoneの機種によって異なりますので、お使いのiPhoneにあった手順で実施してください。

ホームボタン修理 TIPS画像
◆iPhone 6s以前の機種
1. ホームボタンとサイドボタン(電源ボタン)を同時に長押しする
2. 一度画面が消えて、もう一度リンゴマークが表示され、さらにそれが消えたら両方のボタンを離す

◆iPhone 7、iPhone 7 Plus
1. 下の音量ボタン(音量-)とサイドボタン(電源ボタン)を長押しする
2. 一度画面が消えて、もう一度リンゴマークが表示され、さらにそれが消えたら両方のボタンを離す

◆iPhone 8以降の機種
1. 上の音量ボタン(音量+)を押してすぐ離す
2. 下の音量ボタン(音量-)を押してすぐ離す
3. サイドボタン(電源ボタン)を長押しする
一度画面が消えて、もう一度リンゴマークが表示され、さらにそれが消えたらボタンを離す

iPhoneの一時的な起動エラーなどでリンゴループが出ていた場合、強制再起動で改善される場合があります。

SIMカードもしくはSIMカードを読み取る部品に不具合がある場合、SIMカードを抜いた状態でiPhoneを起動してみると、リンゴループから抜け出せる場合があります。

「強制再起動」の方法でiPhoneの電源を切ってからSIMカードを取り出し、iPhoneを起動させてみましょう。

強制再起動でリンゴループが直らない場合は、PCに接続してソフトウェアアップデートを実施することで直る可能性があります。

特にこの方法では、iOSアップデートの失敗が原因でリンゴループになったiPhoneを復旧できる可能性が高いため、少々手間ではありますができれば試してみたい対処法です。

ホームボタン修理 TIPS画像
◆Windowsの場合
1. iPhoneをUSBケーブルでPCと接続する
2. PCでiTunesを開く
3. 強制再起動の手順でiPhoneをリカバリモードにする
4. PCで「アップデート」を選択する

◆MacOSの場合
1. iPhoneをUSBケーブルでPCと接続する 2. PCでFinderを開く 3. 強制再起動の手順でiPhoneをリカバリモードにする 4. PCで「アップデート」を選択する

正常にソフトウェアアップデートが完了できれば、iPhoneのデータを残したままリンゴループから抜け出すことが可能です。

※Windows、MacOSともに「アップデート」ではなく「復旧」を選択すると、iPhoneが初期化されて内部のデータが消えてしまいます

  • ・ここまで紹介してきた方法でもリンゴループから抜け出せなかったとき
  • ・データを残したいから「復元」を行いたくないとき
  • ・基板やパーツの故障だと分かったとき

このように、どうしても自分でリンゴループを復旧できない状態の場合は、iPhone修理の専門家に任せてみましょう。

iPhoneの修理を依頼する方法は、2通りあります。

  • ・Apple正規店にリンゴループの修理を依頼する
  • ・iPhone修理ダイワンテレコムなど、iPhone修理店に依頼する

それぞれの修理方法の違いを紹介していきます。

Apple正規店とは、「Apple Store」といったアップルの直営店や、「Apple正規サービスプロバイダ」といったApple公認の修理店のことを指します。

これらの店舗では、リンゴループに陥ったiPhoneに対して「SIMカードの抜き差し」「iOSアップデート」をはじめとした応急処置、そしてiPhoneの「本体交換」といった対応を受けることができます。

Apple正規店を利用するメリットとデメリットを見ていきましょう。

ホームボタン修理 TIPS画像
◆Apple正規店のメリット
・Apple正規のサービスを受けることができる
・直らない場合でも「本体交換」で対応してくれる
・Apple Care+に加入していると安価で修理してくれる

◆Apple正規店のデメリット
・「本体交換」での対応ではデータが取り戻せない
・来店前に必ず予約が必要
・Apple Care+に加入していない場合、本体交換が高額になる

Apple正規店最大のメリットは、本体交換によって確実に使える状態のiPhoneを手に入れることができることでしょう。
特に、有償の保証サービスであるApple Care+に加入している場合は、格安で新品のiPhoneと交換してもらうことができます。

一方で、本体交換を行うとデータが消えてしまう点は気になるデメリットです。

本体交換以外の対応は「iOSアップデート」や「SIMカードの抜き差し」と個人でも行えるような作業のみになってしまいますので、「自分で試してもデータを取り戻せなかったけど、Apple正規店なら…」という期待はしないほうがいいかもしれません。

iPhone修理ダイワンテレコムで実施するリンゴループ復旧作業はただ一つの作業を実施するというわけではなく、お持ち込みいただいたiPhoneの状態を詳細に診断し、「iOSアップデートをはじめとした対処法」「バッテリー交換やその他パーツ交換」「水没修理」「基板修理」といった修理メニューの中から適切なものをご案内するというものです。

特にiPhoneの基板故障にも対応可能な「基板修理」を実施できるiPhone修理店は数少ないため、ハードウェアが原因のリンゴループについてiPhone修理ダイワンテレコムでは非常に高い復旧率を誇っております。

  • 「iPhone修理店でデータは消えてしまうといわれた」
  • 「基板が原因とリンゴループなので修理できないといわれた」

などと一度は判断されてしまったiPhoneでも、内部の大切なデータを取り出したままリンゴループを直したい...といった場合には、ぜひiPhone修理ダイワンテレコムまでご相談ください。

ここまで紹介してきたように、リンゴループは突然発生してiPhoneを使えない状態にしてしまう恐ろしい不具合です。

しかし、普段からリンゴループに備えておけば、もしリンゴループになってしまっても必要以上に慌てることなく冷静に対処することが可能です。
また、リンゴループが発生するのには必ず原因がありますので、予防策を取ることでリンゴループを未然に防ぐことが可能です。

リンゴループを予防する方法と、日ごろから備えておきたいことについて紹介していきます。

ソフトウェアが原因のリンゴループで最も多い原因がストレージ容量不足です。
特にストレージ容量不足でのリンゴループはiOSアップデートでの復旧がやや望み薄となってしまいますので、より致命的といえます。
一方で、予防するのも簡単です。

日ごろからiPhoneのストレージ容量に余裕をもっていれば、突然リンゴループになってしまう可能性はグッと低くなるでしょう。

「ストレージの空き容量がありません」
などといったエラーメッセージが表示された場合には危険信号ですので、なるべく早めに不要なアプリや写真・動画などを削除して、ストレージの空きを確保するようにしましょう。

iOSアップデートの失敗もリンゴループの原因としては高い比率を占めます。

通信速度が遅かったり、通信が安定しなかったりするWi-FiはiOSアップデートが失敗してしまう最たる原因になりますので、やはり信頼できるWi-Fiを用いてiOSアップデートを実施するようにしましょう。

特に街中のフリーWi-Fiは多くの人が利用するため通信の品質が安定しません。iOSアップデートにフリーWi-Fiを利用するのはなるべく控えるのが安心です。

万が一リンゴループでiPhoneのアプリや写真データが消えてしまったとしても、常日頃からバックアップを取っておけばすぐに復旧することが可能です。
バックアップを取るのが面倒という方でも、iCloudの自動バックアップ機能を活用すれば毎日寝ている間に自動でバックアップを作成することができます。

また、PCを持っているならiTunesやFinderを使ってバックアップを取ることもできます。

iPhoneのリンゴループについて解説してきました。 最後に要点をまとめてみます。

  • ・リンゴループの原因は「ソフトウェアの問題」と「ハードウェアの故障」
  • ・ソフトウェアの問題はiOSアップデートの失敗やストレージ容量不足など
  • ・ハードウェアの故障は基板の故障やその他パーツの故障など
  • ・リンゴマークの点滅の早さでリンゴループの原因がわかる!
  • ・データそのままでの復旧ならiPhone修理ダイワンテレコムにおまかせ!

iPhone修理ダイワンテレコムでは、リンゴループになってしまったiPhoneのご相談を日ごろから多く頂いております。
iPhoneの状態によっては、お持ち込みいただいたその日中にデータを残したままでの復旧も可能となっておりますので、まずはお近くのiPhone修理ダイワンテレコム店舗までご相談ください。

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中