iPhone12へ簡単データ移行方法をご紹介します!

iPhone修理のダイワンテレコム池袋店です。

ついに発売となるiPhone12。

5Gに対応など、非常に注目を集めるモデルとなっていますが、購入される方(購入された方)も多いのではないでしょうか。

iPhone12など新しいiPhoneを購入した際に、まずやる事がデータの移行です。

今回は簡単に古いiPhoneからiPhone12等の新しいiPhoneにデータ移行する方法をご紹介させて頂きます。

 

データ移行について

iOS12.4では簡単にiPhoneのデータ移行(転送)が出来る機能が搭載されました。

iOS12.4以前はiCloudやiTunesに一旦データを保存した上でデータを移す必要がありましたが、今回紹介する方法では簡単にデータや設定情報を直接転送する事が可能です。

 

 

事前準備

今回、ご紹介するデータ移行を行うには事前に以下の準備をして頂く必要があります。

・Apple IDとパスコードを確認

・古いiPhoneにはiOS12.4以降がインストールされている事

・iPhone12(新しいiPhone)の初期設定が完了している場合は初期化をする

・LINEやゲームの引継ぎをしておく

・古いiPhoneに残っているApple PayのSuica、PASMOを削除

・iPhone12(新しいiPhone)にSIMカードを挿入しておく

・古いiPhoneのBluetoothをオンにします

 

iPhone12へのデータ移行手順

それでは、いよいよiPhone12(その他の購入したiPhone)へのデータ移行を始めます。

 

・古いiPhoneとiPhone12(新しいiPhone)の電源を入れる

・両端末を近づけておく

・古いiPhoneの画面に「新しいiPhoneを設定」画面が表示されるので「続ける」を選択。

念のために、この時表示されるAppleIDに誤りがないか確認しておきましょう。

 

 

 

 

・青い球体のアニメーションを読み込む

写真のような青いアニメーションがiPhone12(に表示されますので、古いiPhoneのカメラで読み取るとペアリングが開始されます。

 

・古いiPhoneでパスコードを設定している場合はiPhone12で入力するとiPhoneがアクティベートされます。

 

 

 

・FaceIDを設定します。

iPhone12(新しいiPhone)でFaceIDの設定をします。

後から登録する事も可能ですがセキュリティ面からこの時点で設定する事をお勧めします。

 

・データを転送画面に進みiPhoneから直接転送する項目を選びます。

(iCludバックアップから移行する事も可能)

 

 

・iPhone12で利用規約に「同意する」をタップ

・各種設定をする

古いiPhoneの設定の引継ぎや各種カスタマイズが可能です。画面の指示通りに進んでいくと良いでしょう。

 

 

・データ移行が開始

iPhoneのデータ移行(転送)が開始されます。

データ移行(転送)の場合、内部の容量次第では時間が掛かる可能性がある為、

iPhoneのバッテリーが切れないように充電ケーブルを繋いでおく事をおすすめします。

 

 

・完了するとiPhoneが再起動

データ転送が完了すると「転送が完了」のメッセージと共に新しいiPhoneが自動で再起動します。

その後、古いiPhoneでインストールされていたアプリが自動でダウンロードされます。

その為、Wifiを接続しておく事もおすすめします。

 

以上でデータ移行は完了!

iPhone12を購入された方や、その他の機種を購入された方は是非、データ移行の参考にして頂ければと思います。

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都東京都 豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中