【2万円台で買える】HUAWEI nova lite 3を紹介

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

アイフォン修理のダイワンテレコム新宿本店です。

楽天モバイル、OCNモバイルONEなどの製品ラインナップで、HUAWEI nova lite 3を見かけて興味を持っていた方も多いのではないでしょうか。

HUAWEI nova lite 3は2万円台と格安価格ながら、機能・スペックが非常に充実していて、コストパフォーマンスに優れる一台です。

「機種代金は安く抑えたいけど、できるだけ使いやすいものが欲しい」という人におすすめです。

しかしいざ購入となると、スペックの詳細や、利用者の評判などは気になるところだと思います。

そこで本記事では、HUAWEI nova lite 3のスペック・特徴を、実際に利用した人の評判を交えつつ紹介していきます。

HUAWEI nova lite 3は自分に合ったスマホなのか見ていきましょう。

「HUAWEI nova lite 3」の基本スペック

サイズ 幅:約73.4 mm
縦:約155.2 mm
厚さ:約7.95 mm
重さ:約160 g
ディスプレイ 約6.21インチ、
9.5:9 TFT、2340 x 1080ピクセル
メモリ 3 GB RAM / 32 GB ROM
アウトカメラ 約1300万画素+200万画素,LEDフラッシュ
像面位相差+コントラスト AF
インカメラ 1600万画素,FF
バッテリー 約3400 mAh (一体型)
コネクティビティ Wi-Fi 802.11 b/g/n 準拠 2.4 Ghz
Bluetooth 4.2*1
USB 2.0 Micro-B
nanoSIM x 2
CPU HUAWEI Kirin710 オクタコア
(4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)
対応OS EMUI 9.0 (Android 9 ベース)
カラー オーロラブルー
コーラルレッド
ミッドナイトブラック

HUAWEI nova lite 3の最大の魅力は、やはりコストパフォーマンスです。

2万円台の価格ながら「デュアルレンズカメラ」「3400 mAhの大容量バッテリー」「Kirin 710」「6.21インチ大画面」など充実のスペックとなっています。

「HUAWEI nova lite 3」のカラーは3色

HUAWEI nova lite 3のカラーは、オーロラブルー、コーラルレッド、ミッドナイトブラックの3色です。

表面は「鏡面仕上げ」になっててかなりキラキラした感じになっています。

ただ、「鏡面仕上げ」については少し好みが分かれるところかもしれません。「目立ちすぎて気になる」という人は、カバーをつけて使うのが良いでしょう。

「HUAWEI nova lite 3」のカメラ性能

HUAWEI nova lite 3は、格安機ながらダブルレンズカメラを搭載しています。2つのカメラを利用して「立体感のある撮影」や「ボケ感のあるポートレート撮影」が可能となっています。

またAIカメラで色調補正ができるのも特徴です。何気なく撮った写真も、良い感じに補正をしてくれます。

HUAWEI nova lite 3のカメラ性能を詳しく見ていきましょう。

AIカメラを搭載:シーンに合わせた自動調整が可能

AIカメラ機能をオンにすると、被写体を判別して、最適な設定に自動調整して撮影が可能です。判別できる被写体は「フード」「花」「古代建築」「自転車」など全22種類。

ただし、HUAWEI nova lite 3のAIカメラについては、色味が微妙になったり、色の補正がキツくなりすぎることも多々あるようです。

とくに食べ物が黄色っぽく撮れるという評判は多いです。

AIカメラが付いてるのは魅力的ですが、2万円台の格安スマホとあってところどころ、ハイエンドのスマホには及ばない部分がみられます。

黄色っぽく補正されてしまったら、加工したり、場合によってはAIをオフにするなど工夫しながら使っていく必要がありそうですね。

夜景はそこそこ明るく撮れる

夜景もそこそこ明るく撮ることができます。

ただし、画質や色合いについてはあまり期待できるものではなく、価格相応という印象です。夜景がすごく強いスマホというわけではありません。

「夜景もばっちりキレイに撮りたい」という人は、HUAWEI P30 Proなどハイエンドの機種を検討してみるのが良さそうですね。

ポートレートモードを搭載:背景のボカしが可能

被写体をクッキリ写しつつ、背景をボカす「ポートレートモード」を搭載しています。手軽に一眼レフのような撮影が可能です。

2万円台の格安機種ですが、このあたりのトレンドの機能はしっかり押さえています。

CPU性能は同じ価格帯の機種に比べて高め

HUAWEI nova lite 3のCPU性能は、同じ価格帯のスマホと比べるとかなり高めです。

スマホの処理性能を示すAntutuスコアは12万~13万点ほどです。iPhone 6Sと同じくらいの処理性能になります。

これだけの性能があればゲームもそれなりにプレイできます。

下記は「HUAWEI nova lite 3」でポケモンGOをプレイした人の評判です。問題なくプレイできているようですね。

動画の再生も快適にできています。ゲームをしない人も、処理性能はある程度はあった方が、やはり快適に利用できます。

動画を見ながらゲームもできたという声もありますね。安いスマホでもゲームをプレイしたいとなると、HUAWEI nova lite 3は有力な候補となりそうですね。

「指紋認証」&「顔認証」を搭載

HUAWEI nova lite 3は「指紋認証」と「顔認証」の両方を搭載しています。

とくに注目は、格安機ながら「顔認証」を搭載しているところです。顔認証なら、画面を見た瞬間にロックを解除できます。

認証速度も速く、ストレスなく利用できそうです。

指紋認証のセンサーは端末の背面にあり、片手で楽に認証できます。指紋認証も素早く認識してくれるみたいですね。

約3,400 mAhの大容量バッテリーを搭載

HUAWEI nova lite 3は、約3400 mAhの大容量バッテリー搭載です。

バッテリー容量が大きめのスマホと比べても引けを取らないレベルです。かなりの電池持ちが期待できます。

▼バッテリー容量の比較

  • HUAWEI nova lite 3:3,400mAh
  • iPhone XS Max:3,174mAh
  • iPhone 11 Pro Max:3,969mAh

一日使っても、ほとんどバッテリーがほとんど残ってたという声もあります。

スマホをあまり使わない人なら、数日充電なしで利用することもできそうです。

「HUAWEI nova lite 3」の購入先

HUAWEI nova lite 3は、楽天モバイル、UQモバイルなど格安SIMでセット購入が可能です。ドコモ、au、ソフトバンクでの取り扱いはありません。

▼HUAWEI nova lite 3の購入先

  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • LINEモバイル
  • OCNモバイルONE など

まとめ

HUAWEI nova lite 3のスペック・特徴を解説しました。

HUAWEI nova lite 3は2万円台と格安ながら充実のスペックで、ふだん使いにぴったりの1台です。

安くてストレスなく使えるスマホが欲しい人は、ぜひHUAWEI nova lite 3を検討してみると良いですね。

引用

HUAWEI nova lite 3 スペック | HUAWEI Japan

楽天モバイル:HUAWEI nova lite 3

huawei nova lite 3 格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

HUAWEI nova lite 3 を購入|オンラインストア|Y!mobile

HUAWEI nova lite 3(ファーウェイ)|LINEモバイル

HUAWEI nova lite 3 | 格安スマホセット | OCN モバイル ONE

Photo:novalite3

Photo:novalite3

Photo:novalite3

Photo:novalite3

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中