【カメラのHDRって何?】★綺麗な写真を撮るコツ♪★【iPhone】

iPhone修理ダイワンテレコム広島店よりお送り致します♪

 

皆さんはカメラアプリに表示される「HDR」機能をご存じでしょうか?

写真を撮る際に「あ、ここを綺麗に写そうとするとこっちが白飛びしちゃううなあ~どうしようかな・・。」そういうことってよくありますよね。

今回は「HDR」の機能を用いて雨の日のダイワン広島を被写体として写真を綺麗に撮る実験をしてみましたので、以下の写真をご覧くださいませ^^

 

SDRとHDRの違いについて

▼まずは普通に撮った、通称「SDR(スタンダードダイナミックレンジ)」の写真がこちらです。

 

普通の綺麗なiPhoneの写真ですね。

▼続いて「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能をオンにして撮った写真がこちらです。

 

違いがお分かりでしょうか?

普通に撮った写真は店内の灯りの部分がぼやっとしていて眩しい感じになっています。

実際はもう少し優しい灯りなのですが、エアコンに反射している光もかなり強めになっています。

それに比べてHDR機能オンで撮った写真は灯りの強さが抑えられ、実際の風景とかなり近い感じになっています。

暗すぎる色味の部分も少し明るく鮮明になっています。

 

この違いはどうやって生まれるの?

「HDR」機能をオンにして撮影した写真は実は3枚の写真が重なっていて、iPhone側が明るすぎる部分を抑え、暗すぎる部分は逆に少し明るく調整して1枚の写真として合成してくれる仕組みなんですね。

この仕組みを用いることで自然で明るすぎず暗すぎない写真が撮影可能になるのです(/・ω・)/

 

★但し、HDR機能が向いていない場合もございます。

 

人物のアップ、動いているもの、明暗差が無い被写体などです。

順にご説明すると、

・人物のシミやしわなどのリアルさが強調される可能性がございます。

・動くものについては、複数の写真を合成するため被写体がブレてしまいます。

・明暗差が無い風景などを撮影すると、全体的に明るさが抑えられてしまいます。

 

これからの季節、イルミネーションなどを撮影する機会も増えてくると思いますが、眩しすぎる写真しか撮れない・・。

そんな時にもHDR機能が役に立ちますよ( *´艸`)

 

あれ?カメラを起動しても「HDR」が見当たらない?

設定アプリから「カメラ」の項目をタップしていただき、HDRの設定を見直してみてください。

「自動HDR」をオンにすると撮影時にiPhoneがSDR(通常撮影)をするのかHDR(合成撮影)をするのか自動で選択してくれますよ。

毎回自分で選びたい!そんな方は「自動HDR」をオフにしていただくと、カメラアプリ内に「HDR」が表示されますので撮影時に自由にお選びいただけますよ。

 

iPhoneってカメラ1つにしてもこういった細かい設定があるんです。

その高性能さをしっかりと活かせるように当店では修理をオススメしております。

 

 

ダイワンテレコム広島店ではデータを初期化せず修理することが可能です。

当店では修理だけでなく、操作などでも何かご不明な点などございましたらいつでもお電話・店頭にてご相談をお受け致します♪

 

 

iPhone修理ダイワンテレコム広島店

〒730-0032

広島県広島市中区立町5-19

杉本テナント1F

050-8880-1316

この記事を書いた店舗情報

広島店

730-0032
広島県広島市中区立町5-19杉本テナント1F

050-8880-1316

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中