iPhoneXS Max「拡大表示」機能について

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

先週発売されたiPhoneXS、iPhoneXS Maxですが画面の大きさは言うまでもなく機能面でも違いがあるようです。今回はiPhoneXS Maxにしかない「拡大表示」機能についてご紹介いたします。

 

ズーム機能とは別

これまでのiPhoneでも設定画面から一般、アクセシビリティと進みズーム機能をオンにする事で3本の指で画面をダブルタップすれば拡大鏡が現れて一部を拡大する事が出来ますが拡大表示機能は、ズーム機能とは別です。

ディスプレイサイズが大きいiPhoneXS Maxの機能で設定画面から画面表示と明るさ、拡大表示で拡大を選択するとオンに出来ます。

 

iPhone6/iPhone6Plusには採用されていましたがiPhone6シリーズとアスペクト比が異なる為iPhoneXでは搭載されなかった機能です。

拡大表示をオンにする事で画面内のアイコン等が全体的に大きくなっているのが確認出来ます。

 

iPhoneXRでも利用可能

拡大表示機能はiPhoneXSには採用されていない機能ですが10月に発売のiPhoneXRでは利用可能となるようです。iPhoneXRはディスプレイが有機ELではなく液晶ディスプレイである事で販売価格もiPhoneXSやiPhoneXS Maxに比べると安く、カラーバリエーションも豊富な為、新型iPhoneの売上の半分程度を占めると大きな期待がされています。

 

引用元:9to5Mac

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中