ズボラ人間にはSiriショートカットがおすすめ。複数アラームをまとめてセット

 

 

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

朝に弱くなかなか起きられない人はアラームを複数セットが鉄板。

でも起床時間が日によって違うと毎日違う時間にアラームを複数セットするのが面倒くさい…。

そんなときはSiriショートカットを使いましょう。

 

iOS 12で追加されたSiriショートカットを活用すると、複数の操作を組み合わせたマクロを作成できます。

今回は8時台に10分おきにアラームをセットするレシピを作成してみましょう。

 

まず前提として、AppStoreからショートカットアプリをダウンロードします。

 

時計アプリで10分おきにアラームをセットします。

アラームをセットしたら、先ほどダウンロードしたショートカットアプリを開き、「+ショートカットを作成」をタップ。

新規未設定ショートカットという画面になるので、画面中央にある検索ウィンドウをタップして選択。

 

検索ウィンドウに「アラーム」と入力すると、一覧に「アラームを切り替える」が表示されます。

「アラームを切り替える」をタップして、8:00のアラームを選択。

 

8:00の「アラームを切り替える」を有効にします。

同様にして、9:00の「アラームを切り替える」を作成し、そちらは無効にしておきます。

検索ウィンドウをタップします。

「スクリプティング」を選択し、一覧に表示される「アラートを表示」を選択します。

「通知を表示」のテキストボックスに、任意のテキストを入力します。

 

右上のオンオフアイコンをタップします。

今回作成したショートカットの名前を入力し、Siriに追加をタップ。

 

画面下部に表示される赤い録音ボタンをタップすると、今回作成したショートカットを呼び出す音声を登録します。

フレーズは再録音することも可能です。

正しく録音できたら、右上の「完了」をタップします。

 

これまでの操作を繰り返して「アラームを切り替える」を10分おきに追加し、有効にする時間と無効にする時間の両方を設定します。

 

今回作成したショートカットレシピをコピペして、他の時間帯のレシピを作成することも可能です。

ぜひ試してみてください。

 

参考:engadget

画像:engadget

 

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中