iTunesを使ってiPhoneをバックアップする方法!

iPhoneユーザーの皆さん、バックアップはどれくらいの頻度で取りますか?

バックアップはあまり高頻度で行うものではないかと思います。いざバックアップを取ろうと思った時、「やり方がわからない!」なんて経験がある人もいるのではないでしょうか?

 

今回は、最新iTunesでiPhoneのバックアップを取る方法を紹介していきます!!

バックアップと同期の違い

PC版iTunes(アイチューンズ)とiPhone(アイフォン)を接続すると、「バックアップ」という項目と「同期」という項目がありますよね。これらの違いを説明するのって案外難しいのではないでしょうか。

しかしこれらには大きな違いがあるのです!まずこの違いを把握しておきましょう♪

 

同期

同期とは、iTunes(アイチューンズ)上のデータをそのまま「上書き」することです。

例えば、パソコン(iTunes)上「ABC」というデータがあったとします。これがiPhone上では「ア」というデータであった場合、同期すると「ア」「ABC」置き換わり、「ア」というデータは消えてしまいます。

iPhoneで上書きされた「ABC」というデータは、あくまでiTunes(PC)にある「ABC」の「コピー」という扱いになります。なので、iPhone上で同期した情報(「ABC」)を消すことはできません。もしiPhone上の「ABC」を消したい場合は、PCで削除するか、同期項目から除く必要があります。

※iTunes(PC)では、iPhoneに同期するデータを選択(設定)することができます。

 

【「同期」において、iPhone上のデータはiTunes(PC)のコピーという扱い】

 

 

バックアップ

バックアップとは、iPhone(アイフォン)内のデータや設定をパソコンに「丸ごと保存」するこです。

なので、新しいiPhoneに機種変更する際、元のiPhoneのデータのバックアップを取っておけば、新しいiPhoneに元のiPhoneの中身を丸ごと移し替えることができるということです!

しかし、元のiPhoneのiOSが最新でなくても、機種変更すると必ずiOSは最新になってしまうので注意が必要です。これは、iOSのダウングレード不可というAppleの仕様によるものです。

 

【「バックアップ」において、iPhone上のデータはiTunes(PC)に保存するもの】

iTunesでバックアップを取る

では、ここからはiTunes(アイチューンズ)を使用したバックアップの取り方の説明に入りたいと思います!

【手順説明】

   1,  PC上でiTunesを開いておく

   2,  iPhoneをPCと接続する

     →この時、トラブルを防ぐため極力純正ケーブルを使用する

   3,  PCのiTunes上で、接続したiPhoneを選択

     →デバイスはiTunesの画面左に表示される

   4,  「一般」「バックアップ」内にある「[デバイス]のバックアップを暗号化」にチェックを入れる

   5,  パスワードを設定してい場合は、覚えておけるパスワードを設定する

     →このパスワードがないとバックアップを復元できないため、きちんと保管しておく

   6,  暗号化のチェックボックスの上にある項目を選択し、バックアップの保存先を指定する

   7,  バックアップが終わると、暗号化のチェックボックスの下に、最新のバックアップが取られた日時が反映される

 

これで【バックアップ完了】です!

iTunesを閉じる前に最後にもう一度、手順7できちんとバックアップが完了しているのかを確認しておきましょう♪

まとめ

iPhone(アイフォン)はいつ壊れるか全く想像ができません。

バックアップは、こまめかつ定期的に取るように心がけておきましょう!

この記事を書いた店舗情報

成田店

286-0029
千葉県成田市ウイング土屋24 イオンモール成田店 1階

070-1595-6404

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧