iPhone13は画面下Touch IDを搭載

いつもご覧頂きありがとうございます。

iPhone修理ダイワンテレコム新宿本店です。

 

次期発売モデルであるiPhone13はディスプレイ下埋込み型Touch IDを搭載し、ノッチが小型化すると、アナリストが予想していることが分かりました。

iPhone13はFace IDとTouch IDを搭載

Barclaysのアナリスト、アンドリュー・ガーディナー氏によれば、iPhone13はFace IDに加え、ディスプレイ下埋込み型Touch IDも搭載する可能性が高いと伝えています。

 

その他、iPhone13シリーズは全モデルがLiDARセンサーを搭載するとの噂もありますが、ガーディナー氏は、iPhone13 Proシリーズの2機種のみが搭載すると予想しています。

iPhone13はノッチが小さくなる

iPhone13では、Face IDの関連部品が改良され、Time of Flight(ToF)センサーが導入される事から、ノッチが小さくなるのではないかと予想されています。

 

実現した場合、ミンチー・クオ氏が先日伝えた、「2022年モデルのiPhoneがパンチホールディスプレイを搭載する」可能性もありそうです。

source:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中