2022年のiPhoneは画面にTouch IDが内蔵される?

いつもご覧いただきありがとうございます。

iPhone修理ダイワンテレコム新宿本店です。

 

Apple関連の著名アナリストである、ミンチー・クオ氏が2022年に発売されるiPhoneのうち、上位モデルには画面に指紋認証用のTouch IDセンサーが埋め込まれるのではないかと予想している事が分かりました。

Touch IDはハイエンドモデルのみ搭載

6月23日に公開した投資家向けレポートにおいて、2022年のiPhoneは6.1インチと6.7インチの2サイズが発売され、5.4インチの「iPhone12 mini」サイズは発売されないとミンチー・クオ氏は述べています。

 

また、発売されるであろう、6.1インチと6.7インチモデルには、ハイエンドモデルと標準モデルが用意され準モデルには、画面内埋め込み式のTouch IDセンサーなどの機能が搭載されないだろう、と述べています。

標準モデルはより安価に

クオ氏によると、6.7インチの標準モデルは900ドル(約99,900円)で販売され、iPhone12 Pro Maxの1,099ドル(日本では129,580円)よりも安くなるのではないかと予想しています。

 

更に、ハイエンドの6.1インチと6.7インチの両モデルについて、48メガピクセルの広角カメラが搭載されるだろうと予測しています。

 

クオ氏は今回のレポートの中で、2022年前半に発売される次世代のiPhone SEは5G対応iPhoneとしては最安値になる、との見通しも語っています。

source:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中