iPhone13シリーズは年内で9,000万台出荷予定?

いつもご覧いただきありがとうございます。
iPhone修理ダイワンテレコム新宿本店です。

 

先日発表がありましたiPhone13ですが、AppleはiPhone12シリーズ以上に売上を見込んであり、2021年だけでiPhone13シリーズを9,000万台発注する予定であることが改めて分かりました。

iPhone13シリーズは例年より高い需要と見込み

サプライヤー事情に詳しいDigiTimes Researchは、iPhone13シリーズの生産台数は2021年内で9,000万台になるのではないかと報じています。


これまでにもiPhone12に比べてiPhone13は20%程生産台数が増やされるのではないかと予想されていきましたが、DigiTimes Researchの報道により、9,000万台がより現実味を帯びてきました。

例年にない強い追い風

マイナーアップデートとする見方も一部にはあるものの、中国では米政府による禁輸措置によるHuaweiの失速、米国では世界的なチップ不足によるAndroid端末の供給滞りなど、iPhone13には例年にない強い追い風が吹いていると言われています。
 
Wedbush証券のアナリストであるダン・アイブス氏も「第3四半期にはiPhone13シリーズが全iPhoneの35%〜45%を占める」と指摘しているほか、投資銀行JP MorganもAppleが2021年に最大2億4,000万台を出荷する可能性があると予測しており、多くのアナリストが楽観的な見方を下しています。
 
また仮にiPhone13がAppleの目標未達となったとしても、iPhone12シリーズの需要が旺盛なことには変わりなく、値下げしてラインナップに追加されたiPhone12/12 miniが“穴”を埋めてくれることになるでしょう。

source:DigiTimes

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中