LINEモバイルがSoftBank へ 5G対応で2980円

ご観覧頂きまして誠に有難うございます。

 

ダイワンテレコム新宿店でございます。

 

TVやニュースなどで取り上げられているためご存知の方も多いかと思いますがdocomo【ahamo】に続きsoftbankも新ブランド、新料金プランを発表いたしました。

 

softbankとLINEモバイルが合併することを発表し新ブランドを立ち上げました。

ソフトバンクの内部ブランド「SoftBank on LINE」誕生

 

 

 

 

LINEモバイルはソフトバンクグループのMVNOです。LINEとの相性が良くこれまではソフトバンクグループながら比較的独立した動きを見せてきていましたが,今回ソフトバンクがLINEモバイルを事実上吸収合併しソフトバンクの内部ブランド「SoftBank on LINE」として3月からスタートすることが発表されました。

これまでのLINEモバイルは3月で受付停止

LINEモバイルは組織としては残りますが、3月に開始する「SoftBank on LINE」の誕生をもって、新規受付を停止します。また、LINEモバイルは、ソフトバンクの100%子会社化および吸収合併に向けて検討を進める予定です。

オンライン専用プラン

 

 

 

今回の「SoftBank on LINE」はオンライン専用プランとなり、ネットからの受付となります。これは、先日NTTドコモが発表した「ahamo」と同じスタイルです。

「ahamo」と異なるのは、「LINE」アプリからさまざまな手続きが可能となるという点です。

オンライン専用プランになるという事はアプリ内にて各設定が可能、変更可能になるという事なんでしょうか。

e-SIMとはまた異なるのか。

ただアプリから今までできなかった変更等が出来るようになれば、より使いやすい環境になると思われます。

 

5G対応で2,980円

 

 

「SoftBank on LINE」ブランドで提供されるのは毎月20GBのデータ容量と、コミュニケーションアプリ「LINE」のデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」が付いたもので、4G/5G共通で月額2,980円(税抜)です。また、5分以内の国内通話が無料です。

どのプランを選べばいいのか。

ここまで価格競争が続くのは消費者によっては安くなるのでいいとは思いますが、理想は一つの会社の中でプラン分けされてるのが一番ですよね。

 

大容量プランになったらこの会社。小容量プランで格安プラン。みたいな感じになると動画など見ている人は安くできるので安心ではありますが、スマホにしょうがないから変えてみたけど全然使わないなんて人も多いです。

 

自宅にwi-fiなんてあったら尚更データ容量は少なくて済みますし、外で使わないとほとんど容量は使用しない為、既存のプラン全体の改定がされたらキャリアを乗り換える人も多くなると思われます。

 

今後どの分類を良く使うのか。LINEが多ければ無制限にしてSoftbankへ移行するもアリ。動画付きパックも各会社揃っています。

 

動画も自分が見たい配信サービスを選んで契約できるようになってきているので今後一掃競争が激しくなる可能性が出てくるのと1月に発表されるKDDIも価格をあわせてくるのか。

 

新プランでパックで案内してくるのか。詳細は不明ですが今後期待されますね。

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目西口地下街1号 小田急エース内

0120-882-463

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中