「トラッキング」とは?今さら聞けない!!

iOS14からトラッキング防止機能が搭載されましたね。

アプリを起動していると、「○○(アプリ名)が他社が所有するAppやWebサイトを横断してあなたを追跡する許可を求めています。」というポップアップを目にしたことがある人は多いと思います。

 

この際、「Appにトラッキングしないように要求」と「トラッキングを許可」のどちらを選べばいいのかわからないと少し不安ですよね。

 

ということで、今回はトラッキングとは何かについて説明していきます!

 

iOS14からトラッキング防止機能が搭載されましたね。

アプリを起動していると、「○○(アプリ名)が他社が所有するAppやWebサイトを横断してあなたを追跡する許可を求めています。」というポップアップを目にしたことがある人は多いと思います。

 

この際、「Appにトラッキングしないように要求」と「トラッキングを許可」のどちらを選べばいいのかわからないと少し不安ですよね。

 

ということで、今回はトラッキングとは何かについて説明していきます!

 

トラッキングとは?

iPhone(iOS14)で言われている「トラッキング」とはどういう意味なのでしょうか?

 

「トラッキング」とは、「Tracking」を日本語訳した「追跡すること」から派生して使われています。業界によって具体的な意味は変わってきます。

IT業界では、人の行動を継続的に監視し情報を収集することを指します。この情報にはシステムの挙動やデータの推移なども含まれます。

 

Webサイトやアプリ開発者がユーザーの情報を集めるため、ユーザーを監視しているということですね。

 

、、、ちょっと“ストーカーみ”がありますよね。

 

トラッキングの目的

なぜアプリやサイトはトラッキングをするのでしょうか?

 

ユーザー別に配信される、各ユーザーに適した広告のこと「ターゲティング広告」といいます。その商品やサービスを求めていそうな人に広告を配信する方が、広告の宣伝効果を効率的に得られそうですよね。

 

トラッキングによってその人が何を/どんなことを調べたことがあるのかどんな広告サイトに訪れたのか、などがわかっていれば"広告に適した人"も大体絞れますよね。

 

ほかにも、どういった経路で広告サイトにたどりついたのか、またはどのような経路で購入に至ったのかなどのデータも集めることができますよね。これは、広告効果の程度を図ったり、購入に繋がらない経路には広告を掲載しないなどのコスト軽減も可能にしたりします。

 

つまり、トラッキング広告効果を高めたり、そのために広告を改善していく目的があるということです。

 

 

アプリなどでトラッキングをする目的としては何があるのでしょうか?

主な理由としてはアプリの運営費が考えられます。

 

ターゲティング広告は効率的なだけでなく、収益性も比較的高い場合が多いです。

ターゲティング広告を表示することで得られた収益によりアプリの運営状態がより良くなり、アプリが長く続く可能性が高くなります。

 

「トラッキングを許可」するとどうなるの?

iOS14でのトラッキングについての変更というのは、ユーザーにトラッキングを許可するかどうかの確認を必須にすることでした。

 

これまではデフォルトでトラッキングされていたということです。ユーザーの許可なくトラッキングが行われていた状態を、許可がなければトラッキングできないようにしたのがiOS14ということですね。

 

 

つまり、「トラッキングを許可」すると今までの状態が続くということです。

 

一度訪れたサイトの広告が表示されることが増えたという経験は誰しもあることだと思います。「同じ広告が繰り返し表示されるのがうざい!」「広告を人に見られて興味があることが筒抜けになった」という声は以前からありました。

同じような体験をしたことがある場合プライバシー面が不安な場合は、トラッキングの許可しない方がいいでしょう。

 

一方で、ターゲティング広告を不快に感じない場合アプリが続いてほしい気持ちが強い場合は、トラッキングは許可して問題ないでしょう。

 

「トラッキングを許可」の設定を変更する方法

トラッキングについては「設定」アプリから変更が可能となっています。

 

1, 「設定」アプリを開く

2, 「プライバシー」をタップ

3, 「トラッキング」をタップ

4, 「Appからのトラッキング要求を許可」をオン/オフ

 

手順4「Appからのトラッキング要求を許可」オフにすると、全アプリでトラッキングが行われなくなります

 

オンにした場合は、「Appからのトラッキング要求を許可」の下に表示されているアプリを起動中に、「○○(アプリ名)が他社が所有するAppやWebサイトを横断してあなたを追跡する許可を求めています。」というポップアップの表示を許可するかどうかを決めることができます。ここで許可しなかったアプリでは、このようなトラッキングの許可を問うポップアップは表示されません。

 

しかし、ここに表示されていないアプリトラッキングを行わないことを保証するものではないということを注意しなければなりません。

 

まとめ

今回は、トラッキングについて説明していきました!

 

以前はできなかったようですが、現在はアプリごとにトラッキングの許可が可能なものもあります。

 

せっかくiOS14で許可するかしないかを選べるようになりましたから、理解したうえで自分に合った方を選んでみてくださいね!

 

この記事を書いた店舗情報

五反田店

141-0031
東京都品川区西五反田西五反田サインタワー9F

03-6417-9758

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中