Apple Pay-QRコード決済対応が近づく?

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

iOS14.4の内部向けInternalバージョンでApple PayのQRコード決済対応を示唆するアイコンが発見され、近い間に実現する可能性が高まってきました。

QRコード決済対応を示すアイコンか

iOSデベロッパのAppShack氏はiOS14.4の内部向けバージョンからApple PayのQRコード決済対応を示唆するアイコンが見つかったと伝えています。

実は2020年7月にiOS14べータ2で同じようなアイコンが発見されています。サードパーティー製のアプリと連携する可能性もあると指摘されています。

 

発見されたアイコンはApple Payを利用し交通系電子マネーであるsuicaやID、QUICPayのタッチ決済を行う際にiPhone画面上部に表示されるアイコンと似ています。

 

 

 

尚、発見されたアイコンは2種類で、ノッチ付きのアイコンとホームボタン搭載モデルのアイコンです。

 

 

 

利用率が増加のQRコード決済

スマートフォンを使ったQRコード決済は国内で34.4%との結果がMMD研究所が2020年7月に実施したアンケートで判明しています。

時代の流れと共に今後もPayPayや楽天ペイ等の利用率は増加する事が予想されます。

 

Apple PayでもQRコード決済が可能となれば個別のアプリを起動せずスムーズに会計が可能となる為、非常に便利になりますね。

今後のiOSアップデートで新機能として加わる事を期待したいです。

 

 

引用元:Apple

引用元:AppShack(あおいカニ)氏

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中