iOS14-トラッキングに関する警告表示

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

2021年からAppleは新たなプライバシー方針をiOS14で導入する予定。

しかしながiOS14ユーザーは既に新たなプライバシー方針を反映した警告が表示され始めているとの事です。

iOS14で警告メッセージ

Appleは先週、一般登録ユーザー向けにiOS14.4パブリックベータ1をリリース。

iOS14,4パブリックベータ1では来年から導入予定の新プライバシー方針を反映した警告メッセージが表示されてしまっていると報じています。

米メディアMacRumorsの読者は、警告メッセージが表示された画面をスクリーンショットし投稿しています。

 

 

警告メッセージを日本語に訳すと以下のような内容です。

「(特定のアプリが)他社アプリとWebサイト上のあなたのアクティビティのトラッキングを行うのを許可しますか?」

「あなたのデータは、より良いパーソナライズされた広告体験の提供に使用されます」

 

iOS14,4ベータ1以外のiOS14バージョンでも、今回の警告メッセージが確認されているようです。

尚、表示されるタイミングに一貫性はないとの事。

 

プライバシー保護重視のApple

Appleの新プライバシー方針が導入されれば、トラッキングを行う前にユーザーの許可を求める事が義務化されます。

その為、アプリはユーザーの知らない間にトラッキングを行う事が不可能になります。

この方針に対してFacebookは米有力紙に広告を打つなど中小事業者の立場に立ち、Appleに真っ向勝負する姿勢を示しています。

プライバシー尊重を重視しているAppleの方針はユーザー目線から考えれば非常に安心するものではあります。AppleのCOEであるティム・クック氏も「ユーザーの当然の権利である」と主張しています。

 

 

引用元:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中