絶対に買うな!2019年に発売されるiPhoneは買わない方がいい理由


[公開日:2019/01/31]

こんにちは

アイフォン修理のダイワンテレコム梅田駅店です。

 

2019年に入りインターネット上では今年発売される次期iPhoneのネーミングや、HUAWEIから発売されたMate20Proのようなトリプルカメラを搭載したモデルのコンセプトデザインが公開され、既に情報合戦が始まっています。

 

そんな中、海外の情報サイトからAppleが2020年に発売するiPhoneにQualcomm製の5Gモデムを搭載するのではないかというニュースが飛び込んで来ました。

 

次世代通信規格「5G」とは

この頃、通信系の情報を取り扱っているニュースサイトなどでも取り上げられ始めている「5G」とは、今の快適なインターネットをさらに快適にする規格で、通信速度は1Gbpsを超える通信環境を提供できるようになります。

 

5GはIoT(モノのインターネット)への対応が特に注目されていて、IoT対応機器が増えることで発生しやすくなるデータの交通渋滞を緩和するために、高速化かつ帯域幅の確保を行うという技術になります。しかも既に携帯電話各社では検証段階に入っており、どのようにサービスを提供するかなどが2019年の後半にはだいぶ固まってくるでしょう。

 

5Gの恩恵を受けるには「5G」対応のモデムが搭載されたモデルが必要になりますが、2019年の年初にはまだ対応モデルは発売されていません。

 

iPhoneへの5G対応はいつ頃から?

日本国内では2020年から商用サービスとして5Gの提供を開始すると、携帯電話各社が監督省庁である総務省に報告をしています。2019年の後半には5Gサービスを、地域や用途を限定した「プレサービス」として提供を始めるとのことです。

 

 

しかも2019年に携帯電話事業に参入する楽天モバイルも、2020年には5Gサービスを開始すると報告しています。いよいよ超高速モバイル通信の世界がやってくるのかと想像するだけでも、ちょっとワクワクしてきちゃいますね。

 

2020年に5G対応iPhoneが登場するかも!?

どんな事ができるのか期待してしまう5Gサービスですが、不安になってくるのが今使っているiPhoneやスマートフォンはそのまま利用できるのかという点です。結論からいうと残念ですが5Gサービスには対応していないので、利用することはできません。

 

ですが5Gサービスが始まった途端に4Gサービスを急遽終了させるということはなく、何年もかけて5Gへの移行を行い最終的には4Gサービスを終了することになるでしょう。iPhoneは2020年に発売するモデルから5Gモデムを搭載するといわれているようですが、ちょっと険悪なQualcomm製のモデルを搭載せざるを得ないのではないかとBarclaysのアナリストが述べています。

 

なおAppleとQualcommの訴訟問題の影響は、すでにドイツでの裁判でQualcommが勝訴、iPhoneが販売停止となる処分を受けています。

 

このような関係の中、5Gモデムの製造に関してはQualcommの方が有利なのは間違いありません。AppleもIntel製のモデムを採用していますが、開発や提供が遅いためQualcommとの復縁を願い出るしかない状況に追い込まれてしまうでしょう。

 

この2社の今後の動向に注視したいものです。

 

結論!2019年のiPhoneは買うな!

こうした技術的な移行時期である今、新しいiPhoneやスマートフォンを購入するべきかと考えると、少なくとも今後、新しいサービスが5G向けに次々と登場してくるでしょう。その時に自分の心の中で「買い替えたいけど、まだ買ってから1年しか経過していない」と購入したことを後悔してしまうようなことがなければ良いと思いますが、後悔してしまうような気がするなら2019年に発売されるiPhoneやスマートフォンは見送り、2020年に登場する5G対応のiPhoneやスマートフォンを購入した方が、出費を少なく抑えることができます。

 

まずは2019年に発売されるiPhoneをチェックしてから、購入するかしないかを判断した方が良いかもしれませんね。それまでに登場する多種多様のコンセプトデザインや、リーク情報をチェックしながら期待して待ちましょう。

source:iPhoneMania

source:MacRumors

source:Businessnetwork

Photo:ifixit

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧