iPhoneを修理するとFace IDは使えなくなる!?

皆さんこんにちはダイワンテレコム宇都宮店でございます。

今回はFace IDについての解説です。

便利な画面ロック解除機能のFace IDですが、iPhoneを修理に出してしまうと

Face IDが使えなくなってしまう可能性があります。

なぜFace IDが使えなくなるのか

Face IDが使えなくなる原因はiPhone上部についている

このパーツをサードパーティー製の新しいパーツに交換することによって

Face IDが使用できなくなってしまいます。

 

こちらの部分はiPhone本体と紐づけされており、Apple正規店以外の修理で

交換を行うと安全性の為利用できなくなってしまいます。

 

スピーカー、環境光センサー、近接センサーというものがこの部分についており、

特にスピーカーが壊れてしまったときは通話をしたりすることが難しくなってしまう為

交換にお越しになられる方がいますが、Face IDが使えなくなるというのは

なかなかのデメリットではないでしょうか。

何故このパーツを交換することになるのか

基本的にはスピーカーが壊れてしまったというお客様がパーツの交換に来店されますが、

スピーカーが壊れる主な原因は画面割れなどの放置。になります。

 

画面上部がバキバキに割れてしまっているのにそのまま使用を続けてしまうと

パーツがダメージを受けてしまい、そのまま使用不可になってしまう。

 

壊さなくていいように画面が割れてしまったときは潔く修理に出しておきましょう。

さいごに

iPhoneは進化を続けることに修理できなくなってしまう部分が増えてきています。

早めの対策をするためにもApple Careやキャリアショップの保証に入っておくのが

安全策かもしれません。

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中