iPhoneに「高温注意」が出るときの対処法と予防策

iPhone 高温注意 その1

画像:Apple

iPhoneを持つと熱いと感じたり、画面を開くと「高温注意」という表示が出ていたといった経験はありませんか?

iPhoneは様々な理由で熱を持つことがあり、高熱の状態が長く続くと 「高温注意 iPhoneの本体温度が下がるまでお待ちください。」 というメッセージが黒い背景とともに現れ、しばらくの間iPhoneが一切使用できなくなってしまいます。

初めて見たときには「iPhoneが故障したのではないか…」と不安になるかと思いますが、正しい対処を行うことでiPhone修理に出すことなく改善することが可能な場合もあります。 当記事では、iPhoneが熱を持っているときの正しい対処法、さらに「高温注意」が表示されたときの対処法と、このメッセージが表示される理由などを解説していきます。

 

◆あわせて読みたい記事

【保存版】iPhoneが高温に!正しい発熱対策&冷却方法について

 

iPhoneが高熱を持ち「高温注意」に…その原因とは?

iPhoneをはじめとした精密機器は熱に弱く、高温の状態が続くことで熱暴走を起こし動作が不安定になり、最終的には電源が落ちてしまいます。

熱暴走による精密機器の故障を防ぐために、iPhoneには熱を冷ますための仕組みが存在しています。この仕組みの1つが「高温注意」の表示です。 高温注意の画面を表示させることで、使用者にiPhoneが熱を持って危険な状態であることを知らせてくれるというわけですね。

つまり、「高温注意」が表示された段階ではiPhoneは壊れたわけではない場合が多く、落ち着いて対処さえすれば問題なくiPhoneを使い続けることが可能です。

 

iPhoneが熱を持つ原因と、「高温注意」になりやすい環境

1. 暑いところや夏場には「高温注意」になりやすい

分かりやすい例ですが、気温が高いところでiPhoneを使い続けると高熱を持ち「高温注意」になりやすいです。 Appleは、iPhoneを含めたiOSデバイスの許容可能な気温を0℃~35℃と案内しており、低温下や高温下では、デバイスの動作が普段とは異なるものになるとアナウンスしています。

特に近年の日本では夏場に外気温が35℃を超えて猛暑日となることは珍しくなく、「高温注意」の表示が出るケースがあります。 iPhoneにとっても身体にとっても気温の高い場所は良くありませんので、なるべく涼しいところでiPhoneを使うようにしましょう。

また、車のダッシュボードの上など直射日光の当たる場所は非常に高温になりやすいので、iPhoneをカーナビとして使用している場合などには注意が必要です。

2. 重いアプリやゲームを長時間つけたままにする

ゲームアプリをはじめとした動作が重いアプリを長時間使用していると、iPhone本体が熱くなることがあります。特に3Dグラフィックを使用しているゲームやアプリを使っているとiPhoneは熱を持ちやすいです。 これはiPhone内部のCPU(頭脳にあたる部分)やデータを記録する領域を酷使することにより、基板(ロジックボード)が熱を持った状態です。 iPhoneは耐水機能を備えているために気密性が高く、基板やバッテリーが発する熱が外に逃げずにこもりやすくなっています。 熱くなっている原因のアプリを使用し続ける限り熱が下がることはありませんので、iPhone本体がかなり熱く感じられたら、一度アプリを閉じて熱を冷ましてあげましょう。

3. iPhoneを充電しながら使う

充電ケーブルを差して充電しながらiPhoneを使うと、普段よりも熱を持つことがあります。 それだけで「高温注意」が出るほど熱を持つことはありませんが、暑い部屋で充電し続ける、充電しながら3Dゲームアプリなどをプレイすると高温状態が長く続きやすいです。

iPhoneが熱を持っていると感じたら、一旦充電をやめるかアプリを閉じる、部屋の温度を下げるなどで対策を行いましょう。

 

「高温注意」が出る前兆…iPhoneが熱を持つとどうなる?

iPhoneが熱を持つと、熱を感知してiPhoneが本体温度を下げようとします。 iPhoneが熱を下げるための動作が不具合や故障に感じられることがありますが、これらはあくまで自衛のためにiPhoneが動作を変化させて起こる現象です。

  • ・充電ができなくなる、充電の速度が遅くなる
  • ・ディスプレイが暗くなる、真っ暗になる
  • ・LEDライト(懐中電灯機能)が使えなくなる
  • ・アプリの動作が重くなる。ゲームアプリがカクつくようになる
  • ・iPhoneが低電力モードになる

このような状態になっても熱を下げるための対処を行わず、iPhoneが熱を持ち続けると最終的に「高温注意」が表示され、さらには急に電源が落ちてしまうこともあります。

iPhoneが熱くなり、いつもと違う様子を感じたらなるべく早くiPhoneの熱を下げましょう。

 

 

iPhoneが熱くなり、「高温注意」が表示されたときの対処法

iPhoneが熱くなり、熱い状態が続いて「高温注意」が表示されたときには、iPhoneの温度を下げなければなりません。 しかし、誤った対処法によって逆にiPhoneが壊れてしまうこともあります。

iPhoneの温度を下げるための正しい対処法と、反対にiPhoneを壊しかねない誤った対処法をご紹介します。

 

iPhoneの温度を下げるための正しい対処法

1. 電源を切って、カバーを外す

高温になったiPhoneの温度を下げるために、まずは電源を切りましょう。 電源を切ることでiPhone自体が発する熱を止めて、より効率的に温度を下げることができます。 また、iPhoneの温度を下げるために電源を切ったあとは、充電を行わないようにしましょう。

iPhoneに背面カバーなどを取り付けている場合には、熱が逃げにくくなってしまうのであらかじめ取り外しておきましょう。 とはいえ、取り外すのが難しい場合はそのままでも問題ありません。

2. iPhoneを涼しい場所や風の当たる場所に置く

iPhoneの電源を切ったら、直射日光が当たらないなるべく涼しい場所にiPhoneを放置しましょう。 風通しのいい場所は特に効率的にiPhoneの熱を冷ますことが可能です。

また、エアコンや扇風機の風が当たるところにiPhoneを置くのもおすすめです。 ケースを取り外しておくことでより効率的にiPhoneの熱を逃がすことができます。

 

iPhoneが壊れてしまいかねないNGな対処法

1. iPhoneに水をかける

iPhoneに冷たい水をかけて熱を冷まそうと考える人もいるかもしれませんが、これはNGです。 iPhone 7以降の機種には耐水性能が備わっているため少しくらい大丈夫だと感じるかもしれませんが、耐水機能はあくまで保険程度の性能しかありませんので、iPhoneを水没させてしまうリスクが十分存在します。 さらに、熱を持ったiPhoneを急激に冷ましてしまうとiPhone内部に結露が発生し、これも水没の原因となります。

2. iPhoneを冷蔵庫や冷凍庫に入れる

冷蔵庫ならiPhoneをすぐに冷ませるように思えますが、これもNG行動です。 こちらもiPhone内部に結露を発生させる可能性があり、iPhoneを水没させてしまう原因となります。 冷蔵庫以外にも、冷凍庫やその他iPhoneを急激に冷ますような行動はいずれも結露により故障してしまう可能性がありますので、注意しましょう。

iPhone 高温注意 その2

iPhoneを急激に冷却すると、結露発生で水没の原因に…

 

 

「高温注意」が頻繁に表示される場合は、故障の疑いあり

涼しいところでiPhoneを使用していて、特にゲームアプリなどを遊んでいなくてもiPhoneが頻繁に高温になる場合は、iPhone内部の精密部品になんらかの異常があると考えられます。

繰り返し「高温注意」が表示されるときの対処法を紹介します。

1. バッテリー交換を依頼してみる

iPhone内蔵のリチウムイオンバッテリーが経年劣化を起こすことで様々な不具合が現れます。 iPhoneが繰り返し高温を持つ場合には、劣化したバッテリーを交換することで症状が改善されるかもしれません。

2. iPhoneの基板修理を行う

バッテリーの交換でもiPhoneの高温問題が解決しない場合、心臓部である基板(ロジックボード)に何らかの不具合があると考えられます。 落下などの強い衝撃や経年劣化によってiPhoneの基板に流れる電気の流れがおかしくなり、高熱を持つようになるケースは意外と少なくありません。

故障した基板の修理を行うことで電気の流れを正常に戻し、症状を改善できる可能性があります。

 

 

頻繁に熱くなるiPhoneの修理ならiPhone修理ダイワンテレコムにお任せください!

iPhone 高温注意 その3

iPhone修理ダイワンテレコム梅田店では、[高温注意]が表示される、何もしていないのに高温になるiPhoneの診断、修理を承っております。 症状を調査したうえでバッテリー交換や基板修理など、適切な対応をご案内いたしますので、iPhoneの熱でお困りの方はiPhone修理ダイワンテレコム梅田店までお気軽にご相談ください。

iPhone修理ダイワンテレコムは全国で50店舗以上を展開!
>>近くのiPhone修理ダイワンテレコム店舗を探す

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中