iOS15.0.1が公開。Apple Watch関連を修正へ。

こんにちは。
ダイワンテレコム渋谷センター街店でございます。

9月21日にリリースされた iOS15 ですがかなりのバグがあることでSNSで話題となっていました。
このバグを一部取り除いた iOS15.0.1 のアップデートをアップルは公開しました。
ツイッターでもトレンドに乗るなどアップデートしている方が多い、関心が高いようですね。

iOS15.0.1,アップデート,トレンド,iPhone13,Twitter


 

 

 

iOS15で起こっていた主な不具合とは?

iPhone13シリーズの発売直後からApple WatchとiPhoneを組み合わせて使うことで、マスク着用時にFaceIDによるロック解除をパスできる機能が使えないとの報告がSNSなどに上がっていました。

ペアリング解除して再ペアリング、iPhoneとApple Watchの両方をハードウェアリセット、パスコードをオン・オフなどを試しても解決しなかったとの声も上がっているなど、コロナ禍で追加された機能が使えないという始末。

なお、iPhone13以外のモデルでは同じ症状は出ていないことからiPhone13限定の不具合だったようです。

iOS15,不具合,Apple Watch


アップルもこの問題をiPhone13が発売当初から把握しており、ソフトウェアのアップデートで問題を解決するとアナウンスしていましたが、本日公開されたiOS15.0.1でバグが修正されています。
 
iOS15.0.1ではこれ以外にも設定アプリで「空き容量が残りわずかです」と誤った警告が表示されることがある問題も修正されています。

今回のアップデートはマイナーアップデートであるため新機能は盛り込まれていませんが、iOSは常に最新バージョンに保つことをアップルも推奨していることから早めのアップデートが望ましいのかもしれません。

source:engadget

この記事を書いた店舗情報

渋谷センター街店

150-0042
東京都渋谷区宇田川町KAWAMURAビル1F

03-6452-5980

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中