楽天モバイル 自社回線発表! SIMカードは順次配布

[2019/03/16]

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店のブログです。楽天モバイルは3月14日に、自社回線へのネットワーク移行についての案内を発表しました。新規契約者から順次、10月以降に交換用のSIMカードが送付されます。「第四のキャリア」して期待されています。

期待される「第4のキャリア」

3月14日以降に「楽天モバイル」を契約したユーザーには、10月より順次独自回線に対応したSIMカードを送付する。また、SIMカードを交換して独自回線に移行した後も、現行の料金プランや最低利用期間は引き継がれる見通し。

なお、SIMカードを交換しない場合でも、MVNO(格安SIM)の楽天モバイル回線をそのまま利用できる。

自社回線へのサービス以降の案内は「2019年3月14日以降に新規で申込むユーザー」と「すでに利用中のユーザー」で内容がことなる。

自社回線に対応している機種

楽天モバイルの自社回線に対応する端末は限られている。

iPhoneなど、以下にない端末は自社回線には非対応。

・SHARP AQUOS R2 compact SH-M09

・SHARP AQUOS sense2 SH-M08

・SHARP AQUOS sense plus SH-M07

・SHARP AQUOS R compact SH-M06

・SHARP AQUOS sense lite SH-M05

・HUAWEI nova lite 3

・OPPO AX7

・OPPO R17 Pro

・OPPO Find X

・NEC Aterm MR05LN(ルータ)

自社回線に対応していない端末も、ユーザーの選択を増やす為に販売継続をする。

日本3大キャリアとの差別化は?

これまで日本3大キャリアと呼ばれていたdocomo、au、Softbankだがここに楽天モバイルが参入する。どのように他社と差別化していくのか。

楽天モバイルは格安スマホとしてこれまでも支持されており、今後も現在の料金プランが適用されるなら、大手3社を巻き込んだ価格競争に発展する可能性がある。

携帯料金の引き下げを望むユーザーたちにとっては歓迎すべき流れが生まれそうだ。

参照:iPhoneMania

 

 

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険