【iOS14】iPhoneの標準ブラウザ「Safari」の進化

ご覧いただきありがとうございます。

iPhone修理のダイワンテレコム ベルモール宇都宮店でございます。

iOS14では、iPhoneの標準Webブラウザ「Safari」が大きく進化します。米メディアMacRumorsが、Safariの変更点をまとめているのでご紹介します。

速度とパフォーマンスの改善

Appleによれば、「iOS 14」のSafariには「驚異的なJavaScriptエンジン」が搭載されており、SafariはAndroid上のChromeよりも最大2倍高速になると言われています。

組み込みの翻訳

‌iOS14‌のSafariには、日本語をはじめ、英語、スペイン語、中国語、韓国語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、アラビア語の11言語に対応しており、Appleがアップデートで追加した新しい翻訳アプリと連動しています。

 

操作方法が簡単でアドレスバーに表示されている「AA」をタップするだけでWebページ全体を翻訳することができます。

パスワードの監視と侵害されたパスワードのアラート

iOS14のSafariは、保存されたパスワードを監視し、データ侵害に関与したパスワードを監視できます。

 

漏えいが確認された場合はユーザーに知らせて「Appleでサインイン」か、強固なパスワードを自動生成します。

 

パスワードの保存や照合には、強固な暗号化技術が用いられ、パスワード情報はAppleも知ることはできません。

プライバシーレポート

iOS14(およびmacOS Big Sur)のSafariには、Appleのインテリジェント追跡防止機能を拡張するプライバシーレポート機能が追加されております。

iOS14ではSafariがブロックしたサイト越えトラッカーをユーザーが簡単に確認できるようになります。

 

ピクチャーインピクチャ

Safariで動画再生中に「ピクチャ・イン・ピクチャ」ボタンをタップすれば、ウインドウモードで視聴出来るようになり、動画を再生しながら、Webサイトを閲覧したりほかの作業をしたりできます。

 

ピクチャ・イン・ピクチャのウインドウの位置は自由に変更できます。

検索からウェブサイトを起動する

「iPhone」のプルダウン検索インターフェースにMacRumors.comのようなURLを入力すると、「Go」ボタンをクリックして、検索結果のリンクをタップしなくても、直接Webサイトを開くことができます。

‌Appleのサインイン‌がより簡単

Appleは、開発者に既存のWebサービスアカウントを、よりセキュリティに優れた「Appleでサインイン」に変換することができるようになりました。

 

これによりiPhone、iPad、Macユーザーが「Appleでサインイン」を利用できるサービスが増えることが期待できそうです。

 

トラッキングの許可

アプリがユーザーをWebサイトやアプリをまたいでトラッキングし、ユーザーごとに最適化した広告を配信したい場合、ユーザーの許可を得ることが義務付けられます。

 

ユーザーがトラッキングを許可したアプリは「設定」で確認・変更できます。

スクリブル(iPadOS14)

iPadOS14では検索テキスト部分にApple PencilでURL入力やGoogle検索ワード等を手書きするとそのテキストが変換され検索できる機能が搭載されます。

 

なお、iPadOS14で対応するスクリブル機能は、英語、中国語(簡体字と繁体字)にのみ対応しており、日本語の対応予定は発表されていません。

source:MacRumors

source:Apple

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中