新型ヘッドホン「AirPods Max」発表 12月15日発売へ 

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム梅田店です。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

Appleは12月8日、オーバーイヤー型ワイヤレスヘッドホン 「AirPods Max」を発表しました。

AirPodsが持つ「シンプルなセットアップ」「素晴らしい音質」「特徴的なデザイン」を、Apple初のオーバーイヤーヘッドホンに落とし込んだ製品と説明されています。

 

AirPods Max 12月15日発売 価格は61,800円(税別)

Appleが新たに発売する「AirPods Max」は、従来のAirPodsシリーズとは異なりオーバーイヤー型のヘッドホンとして登場します。

価格は61,800円(税別)、12月8日より予約受付が開始されており、12月15日発売となります。

 

 

ヘッドバンドとイヤークッションはメッシュ構造で通気性を確保。

伸縮するヘッドバンドにより、フィット感を好みで調整できます。

カラーバリエーションはスペースグレイ、シルバー、グリーン、スカイブルー、ピンクの5色。

 

AirPods Maxには「Smart Case」と呼ばれる専用ケースが付属

収納すると超低電力状態に移行し、バッテリーの消耗を抑えます。

 

 

Apple独自の音響設計により、これまでにない音楽体験を

 「AirPods Max」は左右に1つずつ搭載されたH1チップ、そして先進的なソフトウェアを組み合わせることによって、画期的なサウンド体験をもたらします。

 

・アダプティブイコライゼーション

イヤークッションの吸着度と密閉度にあわせて、低音域と中音域の音をリアルタイムで調整することができます。

 

・アクティブノイズキャンセリング

AirPods Maxは、AirPods Proにも搭載されたアクティブノイズキャンセリングに対応します。

イヤーカップに搭載された3つの外向きマイク、1つの内向きマイクで音を測定し、AirPods Maxのフィット感や着用者の動きに対してリアルタイムでノイズを軽減します。

 

・外部音取り込みモード

外部音取り込みモードに切り替えることで、音楽を聴きながら同時に周囲の音や自分の声を聞くことができます。

アクティブノイズキャンセリングおよび外部音取り込みモードは、1つのボタンを操作することで簡単に切り替えることができます。

 

・空間オーディオ

頭の動きを感知し、空間オーディオを利用することで音を空間内の任意の位置に置くことができます。

また、ジャイロスコープと加速度センサーによりデバイスの動きを追跡し、自動的に音の位置を再マッピングすることも可能です。

 

iPhoneやiPad、MacなどApple製品とペアリング シームレスな自動切換え

AirPods MaxはAirPodsシリーズだけあって、ほかのApple製品との親和性も魅力です。

セットアップはタップ1回の簡単操作で完了し、共通のiCloudアカウントでサインインされているiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple Watch、Apple TVといったデバイスと自動的にペアリングすることができます。

 

これにより、iPhone / iPad / Macなどのデバイス間で、自動的に接続先を切り替えてくれる機能などを利用することができます。

接続先の切り替えはシームレスに行われるため、1つのAirPods Maxを着けたまま様々なデバイスで音楽・動画・音声通話をストレスなく切り替えることができます

 

例えば、Macで音楽を聴いている時にiPhoneに掛かってきた電話に出ると、AirPods Maxは自動的に通話音声に切り替わります。

(ペアリングにはiOS14.3以降、iPadOS14.3以降、macOS Big Sur11.1以降、watchOS7.2以降、tvOS14.3以降を適用したApple製デバイスが必要となります。)

source:Apple

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中