サムスンが「折りたたみタブレット」の特許出願へ

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場店でございます。

折りたたみ端末といえばサムスンが発売しているGalaxy Foldを思いつく人が多いのではないでしょうか?

そんな中、韓国サムスンがより大画面を搭載した「折りたたみタブレット」の特許を出願していたことが、海外報道により判明しました。

 

折りたたみタブレット

オランダ語サイトのLetsGoDigitalによると、2021年2月にUSPTO(米特許商標庁)に出願された今回の特許では、フレキシブルディスプレイを搭載したGalaxy Tabletのアイデアを説明しています。

この折りたたみタブレットでは、画面が内側に配置される「内折りタイプ」となるようです。

本体内部には、ヒンジ部分を除いてベゼルが最低限になるようなデザインを採用。また、センサー類やLEDフラッシュ、セルフィーカメラも内部に配置されます。一方で、本体背面にはサブディスプレイやカメラは搭載されないとしています。また、ヒンジ部分の側面にはUSB Type-Cポートやスピーカーが配置されています。

 

サムスンはすでに折りたたみスマートフォンとして、横折りタイプの「Galaxy Z Foldシリーズ」や縦折りタイプの「Galaxy Z Flipシリーズ」を投入しています。そんな中、同社が折りたたみタブレット「Galaxy Z Tablet(仮称)」を投入しても、なんら不思議はありませんね。

 

しかし特許出願が必ず商品化に結びつくとは限りません。折りたたみスマートフォンの展開に力を入れているサムスンのことですから、案外早くこのようなGalaxy Z Tabletが登場するのかもしれません。

source:letsgodigital

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中