ソフトバンク、ライカ初のスマホを7月16日より独占発売

 こんにちは!ダイワンテレコム高田馬場店でございます。

 

 

ソフトバンクは、ライカならではのエレガントなデザインに、自然な色味で写真撮影が可能な1インチの高性能イメージセンサーを搭載した「LEITZ PHONE 1(ライツフォン ワン)」を7月16日に独占発売する、と発表しました。

 

ライカと言えば高級レンジファインダーカメラ「Mシリーズ」や一眼レフカメラ「Rシリーズ」、コンパクトカメラ、プロジェクタ、フィールドスコープ、双眼鏡など、さまざまな製品を開発・販売しており、そのレンズ描写性能などクオリティの高さから現在でもプロカメラマンをはじめアマチュアでもコレクターや愛好者が多いメーカーです。

予約販売は既にスタート

 5Gに対応したドイツの老舗カメラメーカー、ライカが全面的に監修した初のスマートフォン「LEITZ PHONE 1」が、7月16日に発売となります。発売に先立ち、すでに予約の受け付けが行われています。

 

ライカが監修したカメラには、スマホとしては最大級となる1インチの高性能イメージセンサーが搭載されており、暗所でも明るく、速い動きにも強く、自然な色味での写真が撮影可能となっています。

 

また、約6.6インチのPro IGZO OLEDディスプレイにより、1Hz-240Hzで駆動し、撮影した写真や動画は細かな色彩の違いも忠実に再現され、これまでにない没入感のある映像体験が味わえます。

 

「LEITZ PHONE 1」のソフトバンク直営店での販売価格は、税込187,920円となっています。

 

iPhone以上にカメラをに力を入れている端末となるため反響が気になるところですね。

個人的にはレンズキャップをつけられる点がオシャレで尚且つカメラマンにとっては嬉しいポイントですね

売上によっては当店でも修理が出来るようになりたい代物です。今後の動向に期待ですね。

 

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧