NTT、IPAから無償・ユーザー登録不要のテレワークシステムが公開


[公開日:2020/04/21]

iPhone修理、iPad修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

NTTドコモと情報処理推進機構(IPA)は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、契約不要、ユーザー登録不要のテレワークシステム「シン・テレワークシステム」を公開しました。

シン・テレワークシステムは、2020年10月31日まで無償で公開され、自由に利用することができます。

 

即日導入可能、無償で提供されるテレワークシステム

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する緊急事態宣言や在宅勤務への社会的要請を受け、企業でのテレワーク、リモートワーク環境の構築が急務となっています。

一方で、セキュリティ面の問題や、時間的・人員的な余裕のなさから在宅勤務環境の構築が困難な企業・組織も少なくないです。

 

このような状況に即応するべく、NTTドコモと情報処理推進機構(IPA)は連携して、迅速に導入が可能なテレワークシステムである「シン・テレワークシステム」を急遽構築しました。

 

「シン・テレワークシステム」は緊急事態に即応するべく、申し込みや、個人情報やメールアドレス等の登録を行わずに即日で利用開始が可能となっています。

NTTドコモおよびIPAのサイトからクライアントがダウンロード可能で、対応OSは現在はWindowsのみとなっています。

 

暗号化されたネットワークで中継されるセキュアなテレワーク

シン・テレワークシステム」は、暗号化されたSSL-VPN通信を使用したテレワークシステムです。

職場などで使用しているPCに専用ソフトウェアをインストールし、自宅のPCにも同じ専用ソフトウェアをインストールすることで、職場などのPCの画面を暗号化されたインターネット経由で自宅PCに転送し、キーボードおよびマウスでの操作を可能にします。

シン・テレワークシステムを利用して在宅勤務を行う際は、まず職場などの承諾を受けた上で専用ソフトウェアを両PCにインストールし、職場のPCで表示される「サーバーID」と自身で設定した「パスワード」を自宅PCで入力することで、利用を開始できます。

インターネット回線が使用できる環境であれば、ファイアウォール設定やルータ設定、ポート転送、例外設定などを行うことなく、全ての通信事業者の回線で、すぐに利用することができます。

 

PC間は「分散型クラウドゲートウェイ中継システム」を介して通信が行われ、ユーザー認証とTLS 1.3 で暗号化されたSSL-VPN通信チャネルを用いることでセキュアな接続を実現しています。

 

このテレワークシステムは、IPAサイバー技術研究室がNTT東日本の大規模通信システム運営と連携を取りつつ開発が行われました。

また中継システムには多数のISPと高速低遅延の接続が重要となることから、ソフトイーサ株式会社からVPN関連技術の無償提供や、筑波大学、株式会社KADOKAWA Connectedから通信環境の無償提供を受けています。

 

個別ユーザーサポートは得られないため注意

なお、シン・テレワークシステムはNTT東日本およびIPAから提供される正式なサービスではなく、技術向上を目的として共同実証実験としています。

このシステムは研究開発中の試験的なプログラムや実験ネットワークなど、限られたリソースのもと一時的、緊急的に提供されるサービスで、品質および性能が保証されるものではありません。

そのため、システムの不具合や停止が発生する可能性があると説明されています。

また、個別のユーザーサポートは提供されませんが、代わりにユーザー間での情報交換を目的としたWebフォーラムが開設される予定となっています。

 

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧