Apple TV+の「グレイハウンド」が多くの視聴者を獲得


[公開日:2020/07/16]

こんにちは。アイフォン修理のダイワンテレコム渋谷店です。

トム・ハンクス主演の映画「グレイハウンド」がApple TV+で公開されましたが、これまでにリリースされた他のどの映画やテレビ番組よりも多くの視聴者を獲得したことが話題となっています。

映画館ではなくストリーミングでの公開

Apple TV+にて公開された「グレイハウンド」は、予定されていた映画館での上映が新型コロナウィルスの影響により上映延期となっていました。その後、最終的にはソニーピクチャーズがAppleへ配給の権利を売却したため、映画館での上映をせずにストリーミング―サービスでの直接配信となっています。Appleが獲得した配給権の購入額は7,000万ドルと言われています。

 

先週公開となったこちらの作品は、今までにApple TV+でリリースされたどの作品よりも多くの視聴者を獲得し、夏の劇場での興行の大ヒットに見合う観客数と言われています。

 

トム・ハンクスの主演映画の中でも、劇場での公開をせずに直接ストリーミングでの配信された作品は「グレイハウンド」が初となります。

 

インタビューの中で、トム・ハンクスは「家庭のテレビと映画館では映像と音声などの品質の差がある」と述べていますが、大きなスクリーンと音響設備の整った劇場での公開がされなかった事が残念であるようです。

 

「グレイハウンド」の映画を視聴した人の30%が「Apple TV+」のサービスを初めて利用したユーザーであるというデータもあるようです。

 

Apple TV+のページでは、「グレイハウンド」の日本語吹き替え版が、近日登場予定と書かれていますので、日本国内での再生数は、今後も増加していく可能性もあるとみられています。

 

source:MacRumors

Photo:AppleTV+

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-2-1

03-6416-0622

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧