COCOAの接触通知により無料でのPCR検査が可能に

 

厚生労働省は8月21日、新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAから通知を受けた人を対象に、無料でPCR検査を提供するよう各自治体に要請しました。

 

厚生労働省が自治体に通知

時事通信によると、厚生労働省は8月21日、地方自治体向けの事務連絡を発出しており、COCOAで陽性者との接触が通知された人のうち、希望者には全額公費負担でのPCR検査を提供するよう要請しました。

 

従来は、COCOAで陽性者との接触が通知された場合でも、無症状であれば行政によるPCR検査の対象外でした。そのような状況の中、通知を受けた人を対象に、熊本市が独自にPCR検査を無料提供すると発表し話題になっていました。

 

ダウンロード数は1,400万件を突破

 

COCOAのダウンロード数は8月21日時点で約1,416万件となっており、8月14日発表の約1,320万件から、1週間で約96万件増加しました。

 

8月1日~8月7日のダウンロード数は約200万件、8月8日~8月14日の期間は約115万件だったと推測されており、ダウンロード数の増加ペースは徐々に低下しています。

 

一方で、陽性登録者数は合計360件に留まっており、テレビ朝日は、登録に必要な「処理番号」の発行が遅延していることが、登録者数が少ない原因となっている可能性を報じています。

 

今回の厚生労働省の通達により、新規感染者がCOCOAで陽性登録を行えば、通知を受けた知人や同僚がPCR検査を無料で受けられるというメリットが発生するため、陽性登録が進む動機づけとなる可能性があります。

 

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中