iOS版の「COCOA」検出精度を改善!


[公開日:2020/09/09]

iPhone修理のダイワンテレコム池袋店でございます。

iOS用に新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のバージョン1.1.3が公開されました。

接触の検出精度が改善されたようです。

 

接触の検出精度を改善

厚生労働省は新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のアップデート版を9月8日に公開しました。

7月13日に公開されたバージョン1.1.2から約2か月でのアップデートとなりました。

アップデートされたCOCOAは、アプリの利用ユーザーから寄せられた情報を踏まえて、接触検知の仕組みを見直し、検出精度の改善に取り組み、内部処理の改良が加えられたものです。

アップデートにより検出精度が適正化されています。

なお、今回アップデートされたのはAppleユーザ向けのiOS版となり、android版は近日中に公開予定との事。

 

iOS13.7でもCOCOが必要

9月にリリースされたiOS13.7では新型コロナウイルス陽性者との接触通知機能が追加されています。

しかしiOS13.7の接触通知を利用するにはユーザーが居住する地区が通知システムに対応している場合に限ります。

厚生労働省は日本国内の場合はiOS13.7の設定画面で操作するだけでは接触通知は配信されないと伝えています。

iOS13.7がインストールされていても日本で接触通知を受けるにはCOCOAのダウンロードが必須となっていますので、ご注意ください。

また厚生労働省はCOCOAの接触検知により通知を受けた場合は無料でPCR検査を受信する事が可能になるように全国の自治体へ要請しています。

実現すればCOCOAの利用者の増加に繋がるメリットもあります。

 

引用元:厚生労働省

引用元:厚生労働省

 

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−1クロサワ駅前ビル B1

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧