YouTube短編動画投稿Shortsを発表!TikTokに対抗?


[公開日:2020/09/15]

iPhone修理のダイワンテレコム池袋店でございます。

YouTubeが新新たに短編動画投稿サービスShortsを開始するよなのでご紹介させて頂きます。

YouTube Shortsとは

現在、若者に絶大なる人気を誇るアプリTikTok。

TikTokは人気のショート動画サービスで最大60秒の動画を作成する事が可能。

Instagramでも「Reels」という最大15秒までの動画投稿が出来るサービスが既に存在しますが、ついにYouTubeもショート動画サービスに参入する事が明らかになりました。

今回YouTubeが開始する短編動画投稿サービスは「Shorts」。Reelsと同じく動画の長さは最大15秒までに制限されるとの事。

もちろんTikTokやReelsと同じで動画に音楽を追加する事も可能な上、複数動画を一緒に編集するツールや速度調整やハンズフリーでの録画用にタイマー機能なども存在しています。

またYouTubeの強みとして動画内で使用出来る楽曲は10万曲の中から選択する事が可能。

今後もアーティストやレーベル各社、出版会社等と協力する事で使用可能な楽曲を増やしていく予定とYouTubeの広報担当はコメントしています。

YouTube Shortsを縦置き状態でスワイプ出来るような、新たな鑑賞方法も導入するようです。

ベータ版をインドでリリース

YouTubeの短編動画投稿サービスShortsはAndroidを対象に、まずはインドでベータ版として提供が始まります。

理由としては中国が所有するTikTokが既に禁止されている大きなマーケットであるからとの事。

 

YouTubeの月額利用者数は世界で20億人を超える人気動画アプリに大成長を遂げました。

YouTubeはShortsについて「次世代のクリエイターが、Shortsを活用してYouTube上でコミュニティを成長させられるようにしたい」と述べており、Androidに限らず「iOSデバイスや他の国にも近いうちに徐々に拡大していく」と公式ブログで述べています。

 

TikTokユーザーを取り込む狙いもあるようですが、YouTubeならではの強みを活かして大成功となるのでしょうか。

日本でのリリース日程は現在、明らかになっていませんが期待して待ちたいですね。

 

引用元:YouTube Official Blog

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧