Gmail、Googleフォトなど2年放置でデータ削除 来年6月より

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム梅田店です。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

Googleは、「Googleフォト」「Gmail」、「Googleドライブ」の各サービスポリシーを2021年6月1日に変更すると発表しました。

新ポリシーには、これらのサービスを2年間利用していない場合や保存容量をオーバーしたまま使い続けているユーザーを対象に、保存データを削除する可能性がある、と記されています。

 

 

来年6月より、2年間放置・容量超過が継続でGoogleサービスのデータ削除へ

「Googleフォト」「Gmail」、「Googleドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、サイトのファイルを含む)」の各サービスポリシーの変更は2021年6月1日に施行され、この日より数えて2年間サービスを放置している場合・容量超過が継続した場合に、Googleはユーザーの保存したデータを削除できるようになります。

Googleは変更後のサービスポリシーに基づく処理を「早ければ2023年6月1日にも実施される」と説明しています。

 

サービスの未使用および容量超過が続いているユーザーアカウントに対して、Googleは事前に通知を行うほか、データを削除する3ヶ月以上前にはサービス内とメールで通知されます。

サービスを利用する・サービス内のデータ容量を減らすことでポリシーに基づくデータ削除を回避することができ、さらにGoogleのサービスからデータをダウンロードする機会も提供されるようです。

 

 

新ポリシーによるGoogleによるデータ削除を回避する方法

また、ポリシーに基づくデータ削除の判断は各サービスごとに行われます。

例えば、同一Googleアカウント内でも「Gmail」と「Googleフォト」は利用して、「Googleドライブ」のみ2年間利用していないといったケースでは、「Googleドライブ」のデータのみ削除され、「Googleフォト」「Gmail」はデータを削除されることはありません。

 

Googleはデータを有効な状態で維持する方法として、

「Googleフォト」「Gmail」、「Googleドライブ」を定期的に利用することを推奨しています。

また、無料で利用できる15GB分の容量を超えてサービスを利用したい場合には、追加の保存容量の購入およびファイルの削除を行うよう案内しています。

 

Googleによるデータ削除を回避する際の注意点

2年間サービスを利用していない状態を回避するための操作として、Googleは以下2点の注意を呼び掛けています。

・インターネットに接続した状態でサービスを利用する

・複数のアカウントを利用している場合には、すべてのアカウントでサービスを利用する必要がある

データ削除の判断はアカウント毎に行われるため、アカウントAでサービスの利用を維持していても、アカウントBを利用していなければアカウントBのデータが削除される可能性があるようです。

 

 

Googleは11月に「Googleフォト」の無料無制限プラン終了を発表しており、こちらも2021年6月1日を目途に実施されます。

 

source:Google

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中