オフラインでもiPhoneを探す方法

iPhoneを紛失してしまった時はどうするのか。

ここで役に立つのが「探す」アプリの「デバイスを探す」です。これはiOS製品の位置情報を利用して、端末がどこにあるかを地図上に表示させる機能です。これを用いることで紛失や盗難の被害に遭ったときにiPhoneを探すことができるので便利です。

しかし、これは果たしてデバイスがオフライン状態になっていても使えるのかという疑問が浮かびます。

オフライン状態でも探せる手順

事前に設定を済ませておけば、Wi-Fiやモバイルデータ通信に接続していないデバイスの位置を確認することができます。

そのための設定の手順を紹介します。

 

 

①探し出せるようにしておきたいiPhoneで「設定」を開き、Apple IDをタップ。続いて「探す」をタップします。

 

 

 

 

②「iPhoneを探す」がオンになっているのをタップして確認し、「“探す”のネットワーク」をオンにしましょう。

 

③「最後の位置情報を送信」をタップすると、バッテリー残量が少なくなったときにiPhoneの位置情報をAppleに自動送信できるようになります。

 

 

④オフライン状態では、Bluetooth信号を利用して端末の位置情報をiCloudに送信します。万が一の事態に備えてiPhoneのBluetoothを常にオンにしておきましょう。

 

※端末で2ファクタ認証が有効になっていると、パソコンなどで「探す」機能を使うときに端末に届いたパスコードを入力が必要になります。紛失や盗難に遭ったときにスムーズにデバイスを探せるように、あらかじめパソコンや予備の端末でiCloudにサインインして認証を済ませておくことが大事です。

パソコンや予備端末を「信頼できるデバイス」に登録すると認証完了。次回以降はパスコードなしでサインインできるので、「探す」機能を簡単に利用できます。

 

 

 

⑤パソコンやほかのデバイスを使って「icloud.com」にアクセス。自分のApple IDとパスワードを入力してサインインします。次の画面で「iPhoneを探す」をクリックもしくはタップすると、オフライン状態にある端末の位置情報が地図に表示されます。

※「探す」機能は紛失したiPhoneの電源がオフになっていると使用できないので注意が必要になります。

 

source:engadget

Photo:engadget

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-2-1

03-6416-0622

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中