Apple Payで「PASMO」10月6日スタートへ

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場店です。

「Apple PayのPASMO」について、2020年10月6日より利用できるようになると発表しました。これによって、普段PASMOを利用する人の利便性が向上することはもちろん、その他の交通系ICカードや電子マネーがApple Payへ対応することに期待が広がりますね。

 

Android版は既に登場済

Androidでは、既に「モバイルPASMO for Android」として利用が開始されていますが、Apple端末への対応は2020年内と発表されていました。

今回、利用開始日が10月6日と発表されたことで、当日以降、iPhoneやApple Watchで「Apple PayのPASMO」が使えることになります。

「Apple PayのPASMO」はICカード版のPASMOと同様に、電車やバスといった交通利用ができるほか、電子マネーによる買い物も可能となっております。

定期券としても利用できるかも。

Android版では定期券を購入し、Androidスマートフォンを定期券として利用することが可能になっています。

このことから、Suica以外の定期券などは利用できないままだった状態を打破できるかもしれません。

PASMOの区間で使えていたApple PayにあらためてPASMOが対応するということは、PASMO定期券など、今までは利用できなかったPASMOの機能を使えるようになる可能性が高いと思われます。

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中