Twitterが古いツイートのアーカイブ化機能を検討

こんにちは

iPhone修理のダイワンテレコム池袋店です

米メディアBloombergからTwitterがまた新しい機能の開発に取り組んでいるとして報じられました。
今回はプライバシー関連機能の強化、及び古いツイートをアーカイブするというもののようです。

より使いやすくするために

同メディアによると、Twitterはフォローワーリストや投稿、「いいね!」したツイートを誰に表示するかを、ユーザーがより自由に管理できるようにしたいと考えており、経営陣はこれを「ソーシャル・プライバシー(social privacy)」と呼んでいるとのことです。

検討している機能の中にはフォロワーリストを編集する機能や、ユーザーが指定した特定の時間が経過すると他のユーザーに表示されないように古いツイートをアーカイブするツールがあります。
これは過去のツイートが残ることを望まないユーザーにとっては有難い機能になる可能性があり、過去のツイートを非表示にすることで他人に見られる心配がなくなります。手動で投稿を削除したり、削除したい何年もの前の投稿を探す手間が省けるようになります。
 
Twitterのリサーチャーであるスヴェトラーナ・ピムキナ氏は「社会的なプライバシーニーズが満たされない場合、人々は自己表現を制限します」と述べています。Twitterは9月から、自分のアカウントが公開か非公開かを確認するようユーザーに促していく予定です。

これから導入される可能性がある機能

Twitterはプライバシーに関する強化を進め、更なる機能の開発に取り組んでいるようです。
そのうちのいくつかの機能は、まもなくテストが開始される予定ですが、構想段階の機能もあるとのことです。
 
今後、Twitterに導入される可能性のある機能は以下の通りです。
 

・ツイートのアーカイブ:Twitterは、30日、60日、90日後に投稿を非表示にしたり、1年後にツイートを非表示にする機能を検討しています。この機能はリリース日が決まっておらず、構想段階にあります。

・フォローワーの削除:ユーザーは、特定のユーザーからのフォローを解除できるようになります。現在、フォローを解除するにはブロック機能を利用する方法しかありません。

・「いいね!」したツイートの非表示:自分が「いいね!」したツイートを非表示にします。また、「いいね!」したツイートを誰に表示するかを設定できるようになります。ただし、この機能がテストされる時期は未定です。

・会話からの離脱:ユーザーは、会話から自分を削除できるようになります。2021年末までに、テストが開始されます。

他にも昨日に有害だと判断したユーザーを自動でブロックする安全モードの発表もしています。

 

 

source:iphone mania

source:Bloomberg

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧