「マリオカート ツアー」任天堂アプリ1位に


[公開日:2020/01/05]

2019年9月にリリースされた「マリオカート ツアー」。公開されてから98日間のアプリダウンロード数が調査され、これまでリリースされてきた任天堂アプリの中で1位を獲得したことがわかりました。

任天堂ゲームアプリにおいて最多ダウンロード数を更新

アプリ分析プラットフォームであるSensor Towerが、任天堂ゲームにおいてリリースから98日間のダウンロード数をランキングにしています。

およそ1億4,230万という驚異の数。これが「マリオカート ツアー」がリリースから98日間でダウンロードされた数です。リリース1週間の時点で9,000万ダウンロードを記録していますから、初動の勢いが他のアプリに差をつけているのがわかります。リリース時同様に話題になった「Super Mario Run」は4,420万ダウンロード、どうぶつの森 ポケットキャンプは2,320万ダウンロードであったことからもこの差は一目瞭然でしょう。

課金額も上位に

任天堂アプリゲームの課金額もランキング化されています。これまでの課金額で任天堂ゲーム中1位となったのは「ファイアーエムブレム ヒーローズ」です。1億2,360万ドル(日本円で約133億5,930万円)の売上げはガチャと合わせて個体値システムが存在するゲームとしては納得のいくところではありますが、それにしても他アプリと比べると大きな額となっています。

「マリオカート ツアー」は課金額において、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」に次ぐ2位に輝き、7,510万ドル(日本円で約81億1,720万円)に達しています。

「マリオカート ツアー」はゴールドパス会員(月額550円)限定でマルチプレイテストが2019年12月27日まで行われていました。

 

「ファイアーエムブレム ヒーローズ」の額には到達しませんでしたが、「Super Mario Run」の3,740万ドル(日本円で約40億4,240万円)と比べると約2倍の売り上げとなっていますので、ヒット作と言って過言ではないでしょう。

これからの任天堂アプリゲーム

任天堂Switchシリーズ、および人気ソフトを見るに主力はそちらだと思われますが、これからも任天堂は新しいアプリをリリースすることが十分に考えられます。スマホゲームにおける任天堂の立ち位置に注目したいところです。

source:iPhonemania

Photo:任天堂

Photo:Cult of Mac

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-2-1

03-6416-0622

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧