MagSafe充電で跡が付いた対応レザーケースを公開!

iPhone修理のダイワンテレコム池袋店でございます。

iPhone12シリーズから導入されたMagSafe。

MagSafeのワイヤレス充電で対応のレーザーケースに、その跡が残ると話題になっていましたが、Appleが自社サイトで画像を掲載しています。

 

対応ケースに円形の跡

MagSafe充電は新しい充電技術で、iPhone12シリーズから導入されています。

iPhoneの背面に搭載された磁石を使いワイヤレス充電を行う際に充電器や保護ケースなどを固定して利用できます。

MagSafeによりワイヤレス充電のデメリットとして、置き場所がずれてしまうと充電されないという点が改善されました。

Appleはケースを装着したままでもMagSafeが利用出来る対応ケースを発表していますが、一部のユーザーの間でMagSafe充電を利用するとケースに円形の跡がついてしまうとの指摘がありました。

またAppleもMagSafeでワイヤレス充電を利用すると対応ケースに円形の跡が付く可能性がある。との警告も出しています。

 

Appleが画像を掲載

Appleの公式サイトのMagSafe対応iPhone12/iPhone12 Proレザーケース」「MagSafe対応iPhone12 miniレザーケース」「MagSafe対応iPhone12 Pro Maxレザーケース 」の購入ページにMagSafeで充電した際にケースに付く可能性がある跡の画像を掲載しました。

 

 

 

更にAppleは以下のようなコメントも掲載しており、MagSafeを利用した際に付く可能性がある跡について気になる方はクリアケースなどを使うようにすすめています。

 

”iPhoneを守るために、このケースは質の高いしなやかなレザーで作られています。レザーは自然素材なので、上質なレザーベルトのように時がたつにつれてシワやムラが現れたり、表情や味わいが加わります。MagSafeアクセサリを使うと、わずかに跡が残ります(ギャラリーの最後の画像を参照)。この跡が気になる場合は、iPhone12 & iPhone12 Proシリコーンケースまたはクリアケースを使うことをおすすめします。”

 

 

引用元:Apple

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都東京都 豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中