開発中の折りたたみiPhoneはiPad miniの後継?

iPhone修理のダイワンテレコム池袋店でございます。

現在、Appleが開発中と噂されている折りたたみiPhoneは2種類あります。

その内のGalaxy Z Foldタイプとされる端末はiPhoneではなくiPad miniの後継として登録される可能性があると海外メディアが伝えています。

折りたたみタブレット

イスラエルの情報サイトThe Verifierは現在Appleが開発最中と噂の2種類の折りたたみiPhoneについて予想。

2種類の中でもGalaxy Z Foldタイプとされるデバイスについては開いた状態のスクリーンサイズが約8センチとなりiPad miniの後継製品になるのではないかとの予想を示しています。

 

縦開きと横開き

2種類の折りたたみiPhoneを噂されているデバイスは一つがGalaxy Z Flipタイプで縦開きとなり展開した際のディスプレイサイズは6.7インチと予想。

もう一つがiPad miniの後継製品として登録される可能性が浮上したGalaxy Z Foldタイプで横開き、あるいはMicrosoft Surface Duoのような2画面をヒンジで繋げたデザインになると予想されています。

ヒンジに関しては耐久性が課題とされており、デバイスの開閉回数10万回以上の耐久性を備える事を目標に開発されているとも一部で報じられています。

 

今後もダイワンテレコム池袋店では折りたたみiPhoneについての情報が入り次第ご紹介させて頂きます。

 

引用元:The Verifier

引用元:Twitter(@MARCIANOPHONE)

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中