Apple Watch Series7 ピクセル数増加?

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場店でございます。

今年10月ごろに発売されると言われている、Apple Watch Series 7。
このApple Watchで利用可能となる文字盤の詳細について、ブルームバーグが報じています。
45ミリモデルのディスプレイピクセル数は16%向上するとの情報も入ってきています。

ブルームバーグ記者からのリーク

ブルームバーグの記者、マーク・ガーマン氏の記事によると、Apple Watch Series 7では、41mmと45mmは「ケースの縦方向」の寸法を指しているとのこと。
そして画面解像度はSeries 6(44mm)の368×448ピクセルから、45mmモデルでは396×484ピクセルになると予想を立てています。
これによりApple Watch Series 7のピクセル数は前モデルよりも16%増える計算になります。

 

3つの専用文字盤が登場か?

大画面化するApple Watch Series 7で利用可能になる文字盤について、以下の3つが変更点になるのではと書かれています。
 

1 モジュラーマックス:インフォグラフモジュラーの進化バージョンで、大きなコンプリケーションを2つ表示可能。

2 コンティニウム:時間に応じてデザインが変化。

3世界時計:24のタイムゾーンを同時に確認可能。
外側のダイヤルがタイムゾーン、内側がそれぞれの時刻を示す。デジタルとアナログに対応するように。この文字盤は、6月のWWDにてひっそりとお披露目されていました。

Apple Watch Series 7

生産に遅れとの報道も

Apple Watch Series 7については、デザイン刷新の影響もあり、製造が遅れているとの報道もあります。
 
例年どおりなら、Apple Watch Series 7はiPhone13と同時に9月に発表~発売されますが、Apple Watch Series 7は発売が遅れる可能性があるとも伝えられています。

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中