iOS15よりAppStoreでもパーソナライズド広告配信可否を確認

いつもご覧いただきありがとうございます。
iPhone修理ダイワンテレコム新宿本店です。

AppleはiOS15より、App StoreやNewsアプリなどのApple純正アプリでも、パーソナライズド広告(ターゲティング広告)の配信可否をユーザーが選択できるポップアップを表示される事が明らかとなりました。

iOS15よりApple純正アプリで広告の配信可否を選択できるように

これまでAppleのパーソナライズド広告は、何のポップアップも表示されることなくデフォルトで有効になっており、Appleが第1に考えるAppleのイメージとはやや相反するものでした。

今回パーソナライズド広告の配信可否をユーザーが選択できる機能を追加する事になった経緯として、Appleがアプリのトラッキングの透明性(App Tracking Transparency)を導入し、個々のユーザーをターゲットとするサードパーティー製アプリの広告ネットワークの機能を制限したため、このシステムがデフォルトで有効になっていた事実が独占禁止法(反トラスト法)の精査に繋がることなったからです。

今回の変更は、差し迫った法廷闘争に対応するために行われた可能性が高いと考えられています。

iOS15ベータ版でApp Storeを開くとポップアップが表示

最新のiOS15ベータ版を使用している場合、App Storeを開くと「パーソナライズド広告」の配信可否の選択を求めるポップアップが表示されるのに加え、設定アプリのApp Storeページに、「パーソナライズされた推奨事項」に関する情報にアクセスできるリンクが追加されています。
 
これまでと同様、ユーザーは、[設定] > [プライバシー] > [Appleの広告]より、[パーソナライズされた広告]の設定をオン/オフにすることで、いつでも好みの設定に変更することができます。

source:9to5Mac

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧