新型iPadは順調に開発中?きになる新機能は!

みなさんこんにちは!

ダイワンテレコムモラージュ菖蒲店です。

 

OPEN後初めての週末です!

iPhone修理をはじめとするスマートフォン修理やタブレット修理は当店までお任せください♪

 

・iPhoneのバッテリーの持ちが悪い

・スマートフォンの画面が割れてしまった

・タブレットのタッチが効かなくなった

 

などなど、

お客様のおつかいの端末で故障やご不安な部分があれば当店までお持ち寄りください!

担当スタッフがお客様のご来店をお待ちしております!

土日であっても予約なしの飛び込みで修理できる場合がございます。

お気軽にお客様の端末をお持ち寄りくださいませ!

 

さて、本日は「iPad」に関する記事を作成いたしました!

みなさんはタブレット端末をお持ちでしょうか?

 

私は以前「タブレットは画面の大きなスマホ」程度にしか思っていませんでしたが、「iPad」を手にしてからというものの動画鑑賞だけでなく様々な趣味に活用できます。

もちろん、ワードエクセルなどのお仕事に活用できるアプリケーションも使用できます。

PCだと腰がおもい、スマホだとカジュアルすぎるそんな痒い所に手が届くのがタブレット端末だと思います。

自分のしたい仕事や活動に幅をもたせてくれます!

それでは新型の「iPad」に関する情報を見ていきましょう!


 

iPad Air(第5世代)の今後の進化について

海外の AppleニュースサイトのiDrop Newsは、iPad Air(第5世代)の登場時期を来年の2022年9月と伝えており、

 

iPad Air(第5世代)の基本デザインはiPad Air(第4世代)と変わらず、有機ELディスプレイが搭載されることもない

 

と同メディアは予想しています。

 

また、同モデルのディスプレイはProMotion(ProMotionとは、2017年に発表された10.5インチ、12.9インチのiPad Proに搭載されている映像出力テクノロジー)にも対応しない見通しです。

 

しかしiDrop Newsによると、LiDARスキャナを搭載したiPad Air(第5世代)の試作品がありテストされているとのことですが、市販される製品に搭載されるかは未投資が立っていないそうです。

 

また、次期iPad ProとApple Pencil(第3世代)については背面パネルをガラスに変更し、双方向充電に対応するべく開発中との噂があります。新型iPad Pro2022年7月〜9月に発売される見通しで、11インチiPad ProにもミニLEDディスプレイを搭載、ベゼルが狭くなり、カメラも改良される可能性があるようです。加えてApple Pencil(第3世代)の試作品もあり現行モデルよりも短くなると同メディアは記しています。

 

今年度発売されたiPad miniはiPadに詰め込んで欲しい機能をギュギュッと詰め込んだみんなが嬉しい機能が盛りだくさんでした。AirシリーズやProシリーズも我々にとって充実した機能になるといいですね♪

 

最後に

ご精読ありがとうございました!

新型「iPad」に関する情報かこれから徐々に公開されていきます!

当ブログでも今後の進展について追っていきますのでお楽しみにしていただければと思います!

 

iPhone修理だけでなくiPadの修理も対応可能でございます。

バッテリー交換や画面修理、液晶交換など当店までお気軽にお持ち寄りください!

iPadはお預かりでの修理となりますが、最短1週間でのご案内となります。

 

是非是非お気軽にお申し込みくださいませ!

source:iPhone Mania

Photo:Apple

この記事を書いた店舗情報

モラージュ菖蒲店

〒346-0106
埼玉県埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲6005−1モラージュ菖蒲1F

070-1271-7186

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧